スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料

2014/03/24 Mon

ちょっとづつ暖かくなってきたし、そろそろ作らなくっちゃなー

と、ゴソゴソしてみると
材料があんまりない・・・・

陶芸の場合、主な材料は粘土ですが
それとは別に釉薬も必要!

木工の時のペンキも高いんですが~~~!
陶芸の釉薬も、これまた高い!!

ということで、出来合いのを買うのは止めて
釉薬の原料から調合

前は、1キロとか、3キロの小袋を買いましたが
今回は、基本になる

灰と

2014-03-22 16.10.41


長石だけは

2014-03-22 16.10.26


大袋で買いました。

ちゃんと使うためにも作らなくっちゃ!(汗)
スポンサーサイト

縄文の美

2014/02/03 Mon

今日は、まるで春のように暖かな日でしたね~♪
雨だったので予定が空いた・・・から、午後から急いで民芸館へ

2014-02-02 14.34.18


豊田市民芸館で、「縄文の美」をやってます。
しかも、入館無料の太っ腹!(豊田市金持ってますね(笑))

陶芸で、現代陶芸もいいけど、桃山の器や、六古窯とその周辺の時代が好きだったんですが・・・最近は、なぜか、土器に興味が!

特に縄文土器や土偶が大好き
なんかシンプルだったり素朴な風合いだったり・・・で、形態は、ものすごいエネルギーを内在した器だったり

2014-02-02 15.03.19


世界最古のやきもの達、なんかいいんですよね~~!

縄文土器って言うと、火炎土器を思い浮かべるけれど、注器とか鉢もあっていいですよ~

近くに来る機会があったら、お勧めしま~~す!

板谷波山の夢みたもの

2014/01/18 Sat

板谷波山・・・・
その名前を知っている人もいるかもしれないけれど
陶芸を始める前は、知りませんでした。

そして、陶芸を始めてしばらく経った頃、知多で始めて波山の展示会をみた
http://handmadepottery.blog35.fc2.com/blog-entry-777.html
※ 今読むと、むちゃくちゃ間違ってるじゃん・・・まっ、いっか・・・

鳥肌が立った焼き物は、初めてでした
その後、出光にも見に行ったし、国立美術館の工芸館にも
波山のDVD見たり・・・と波山のファンです。

もちろん実物を手にすることはないだろうと思うのですが・・・目指すことさえ不可能と思えるし・・・憧れの世界ですね。

その波山の没後50年、回顧展が、出光美術館で開催されるときき行ってきました。
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

やっぱり、すごい
最初に見たときの衝撃・・・鳥肌
とは、また違うけれど、やっぱり波山の世界に吸い込まれました。
これを、一人の人間が、自分の手でできたのか・・・・

2014-01-18 21.45.55


ほんと、何を夢見てつくったんでしょうねぇ~~~

もし、お時間とご都合がよければ、ぜひ!とお勧めします。

・・・!
そうそう、もうひとつ、焼き物をしているひとなら、おすすめが~
この出光美術館には、陶片専門の展示室があります。
中国の陶片、桃山の陶片、もちろん波山の陶片もあり、何時間でも飽きずにみちゃいます。

ぜひ~~!


今年、最後の焼き上がり

2013/12/27 Fri

今年は、前半はそれなりに作陶してたんですが~
夏を過ぎてからは、全然してませんでした。。。。

そんな時に、市の陶芸講座があったので、申し込み
平日夜、と言うことで、毎回遅刻しながらだったんですが~

なんとか出来上がりました。


2013-12-26 14.33.02


デザインも考えず、その場のノリで、1時間ぐらいで創ったのですが、いい気分転換になりました。

今年の焼き上がりは、これが最後ですね~!

来年は、いろいろと創りたいとおもいます。

みなさま、よいお年を~~~☆

断念・・・のち

2013/09/29 Sun

陶芸のうつわ作りは、土を練って、形を作って、焼いてできあがり

土は、産地のいろんな土屋さんを訪ねて、好きなように土を混ぜこねて
ロクロ引いたり、手こねで形を作って
釉薬は、いろんな材料を混ぜ、水肥して・・・かなりの部分が自宅でもできるようになったのですが

最後の焼きだけは、サークルで皆さんと一緒に焼いていただいたり、貸し窯をお借りして焼いたり・・・してます。

でも、サークルも貸し窯の工房も、片道1時間の道のりで、乾燥させた器が割れてしまったり、塗った釉薬がはがれ落ちることもしばしば(涙)

そんな時に、「ガス窯いりませんか?」って、お話を頂いて
もちろん「ほし~~い!」と♪♪♪

0.3立米ぐらいの作家さんの特別設計の窯

早速、窯の運搬・設置や、窯小屋の準備・・・設置できそう♪

地元のガス屋さんに、電話したら~~
「陶芸用のガスは(当局のご指導により)取扱いを停止しました。」

最大手の東○液□ガスさんにも、直接乗り込んでも
「当局の指導が厳しくなり、現在、新規の取扱いはしておりません。」
「既存のお取引先様も、まきかえ中です。」
との事

どうやら、マイコンメーターを噛ましていないボンベは、やりたくないらしい。

それでも、諦めきれずにいくつかのガス屋に電話してきてもらったりしたのですが
設置場所の条件が悪く(階段があり手で運びにくい)、工場用の300kgボンベなら・・・・・・ってことでした。

折角、お話を頂いて、「ほしー!」って言ったのですが、さすがに住宅地に内緒で20Kボンベを10本とか・・・工業用の300Kタンク・・・・を置くわけにいかず、断念してしましました。残念。

とはいえ、「窯が欲しい病」に感染したので、電気窯を物色中です♪(笑)

プロフィール

睦(mutsu)

Author:睦(mutsu)
手作り器が好きな趣味人
優しい土の手触りに癒され
ゆっくり・ゆっくり・・・

お知らせ
mixiで、『名古屋近郊~手づくり市~』という、コミュをやっています。
手づくり市・クラフトが好きな方の参加をお待ちしております♪
最新記事
コメント
データ取得中...
カテゴリ
あの頃・・
ブログ内検索
お友達
QRコード
QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。