スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸教室

2005/08/31 Wed

今日は陶芸教室♪

教室に着いたら、沢山の焼き物が出来上がってました。
生徒さんの作品と小学生の出張陶芸作品!小学生の作品って感性が豊かで面白いですね~。
生徒さんの作品も形が綺麗な器や綺麗に絵付けされた器とか沢山あってついつい見入ってしまいました。

自分の陶芸は、、すっかり忘れてました。素焼きされたコップが一つ、、これはそのまま焼き締めにしていただくことに。ロクロを挽いたコップの仕上げが2つ。一つは、やっぱり"ぐにゃぐにゃ"で、てんで駄目だったのでつぶしました。
一つを仕上げして、基本粘土をおろして頂き、同じようにコップを、、左手の指を本で見たような指に、、確かに引き上げはしやすいような、、でも感覚が全然わからないので、、かなり失敗。3個のうち形になったのは2個、、でも一つは最後の口元つくりで失敗している気が。。。来週に見てからだけどたぶん半分に切ります。
半分に切るとロクロで作った形状が目で見て確認できるよ~と教えていただき、どうせ潰すなら、試して見なきゃ損ですね~。

前にハンコを作製させていただいた「み」さんに初めてお会いしました。喜んでいただけたようでよかったです。

ハンコの注文も一つ頂きました。有難う~。既に石の手持ちが無くなってしまったので、しばらく後になります....m(__)m

それから、ハンコのお礼で「利」さんと(chi)さんから珈琲とお菓子を頂きました。有難うございます~。
先生からも韓国みあげを頂いてしまいました。有難うございます。

20050831.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 120g
・釉薬:唐津+ルリ
・作成方法:ロクロ
ルリは綺麗に発色してたんだけどなぁ~、、唐津が垂れ過ぎてしまいました。。
それと持って帰ってきたときに、どこかにぶつけて割れが、、残念。
スポンサーサイト

明日は陶芸~

2005/08/30 Tue

明日は、2週間ぶりの陶芸~、、、あれ?何してたんだっけ?
と過去日記をみるとフリーカップを作成中~で、ロクロで挽いたけどめちゃめちゃだんたんだ。。
これは、数作りするつもりなので、前に作ったのがダメなら、作り直そう~。
それと、"ぐいのみ"を全部配ってしまうので、もう少し作ろうかなぁ?

20050830.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 120g
・釉薬:鉄+青白磁
・作成方法:ロクロ
形状が思っていたのと少し違う形になってしまった物。
でも、2番目に行き先が決まりました。。

最近、時々出会い系へ誘導する変なコメントが付いているときがあります。気が付いたときに削除しますので、ご勘弁を、、、。

プレゼント先

2005/08/29 Mon

今日は、ぐいのみを持って行って見てもらった。
一応、無事にプレゼント先が仮決定。よかったよかった。
旨い酒をついでもらってくださいな~。

仕事場では、新人さんの配属がありました。若くて活きのいいのが7人も、、。いや~初々しくて良いですね~、忙しい所、気苦労の多いところとかもあると思いますが、配属先で仕事を楽しみつつ頑張ってね~。

やきものをつくるミニ窯 吉田明氏
双葉社 1700 ISBN4-575-29122-6
七輪陶芸で七輪が割れてしまうのを道具土で補修しているときに思いついた!と言う窯だそうで、小さいながらも本格的に温度が上げられる(1300度とか)ので、たいていの焼き物をできるそうです。一番基本のミニ窯はぐいのみ一つしか焼けないみたいだけど、バリエーションが色々あって、茶碗や花瓶とかも焼けてました。
いいなぁ~と思いつつ、、焼くのに掛かる時間や、盛大に上がる火を見ると、ひょっとそこらで焼いてみるか、、と言うわけにはいかなそう。でも個人で小さいものを焼くならお手軽かも。

20050829.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 150g....って書いていたけど、120gだった気がしてきました。(1kg/7個)
・釉薬:ルリ+透明
・作成方法:ロクロ

常滑焼きまつり

2005/08/28 Sun

昼から常滑へ、目当ては昨日今日と開催されている常滑焼きまつり。
時間の都合もあって、第二会場のセラモールはパスして、第一会場の常滑競艇場に、駐車場に車がいっぱい!。中に入ってみると人人人!!。こりゃ見るのも大変だぁ~と、思いつつ一軒づつ見て回る。とにかく凄い量の焼き物で気に入ったものも直ぐに忘れてしまうほど、、2階から1階、外へと見て回って、、2階の方が有名なところが多いのか、少し高い気がする。1階と外は、輸入品などもあるようだ。
一通り見て回って、抹茶茶碗は、やっぱり色々。とても参考になった。でも買えないなぁ~(買ってもお茶立てられないし、、)と、、、。
内側が焼き締めのコップを購入。(これを参考にして、いくつか作ろうかなぁと、、。)
ご飯茶碗で黄瀬戸に織部がかかっているのがとても気になった。。どうしようかなぁと最後まで迷いつつ、止めてしまった、とても気に入ったんだけど、普段つかわないだろうし、、黄瀬戸も織部も教室にはないので、、。
それから、どんぶりとか鉢や皿とかあって、来年来る時には何を買うか考えてから来なきゃ手当たり次第or何も買えないなぁ~と思ってしまった。
そうそう、会場で先生にバッタリ!驚かせてしまってごめんなさい。それから、教室でお会いする生徒さんにも何人か。。皆さんやっぱり来るんですね~。

すべてができる七輪陶芸 吉田明氏
双葉社 1700 ISBN4-575-28932-9
七輪で素焼きから本焼きまでやってしまおう~という、とっても面白い本。
耐熱(急加熱、急冷却)な粘土と低温釉薬で、ぐいのみやらお茶碗やらを焼いてました。それに2時間ほどで焼けるようなので、面白そう~。どっかのタイミングで一度やってみたいなぁ~と思いました、

20050828.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 150g
・釉薬:鉄+青白磁
・作成方法:ロクロ
今回は、唐津よりも青白磁の方が綺麗にできました。

ランタン

2005/08/27 Sat

N先輩から貰ったランタンを分解掃除。ジェネレーターの中にカーボンが少し、、この程度なら大丈夫なはずだけど、、と思ったけど念のために焼ききった。ポンプの中は少しキリコが溜まっていたので掃除。組み付け後、無事に使えるようになった。片方が暗いのはマントルの取り付けが悪いからか?それとも燃料の流れが悪いのかなぁ。

読書感想文
遊びの印づくり入門 深沢紅爐氏
マコー社 \1400 ISBN4-8377-0196-5
綺麗な印がたくさん載っており、同じ文字や図案でも表情を変えることが出来る例もあり、楽しめました。
基本的には、書道の流れから来ているので少し方向が違うかなぁ、、、、。

20050827.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 150g
・釉薬:鉄+唐津
・作成方法:ロクロ
今回は、唐津が濃すぎてかなり流れてしまった、、。
# 塗っているときは少し濃いかも?って思った程度だったんだけど、、。
高台脇まで釉薬がたれてしまったので、次からは気をつけよう~。

忘れ物

2005/08/26 Fri

今日こそは、、と思っていた。"ぐいのみ"を持っていくのをまた忘れてしまった。。
来週こそ忘れずに持っていこう~。

読書感想文
石のハンコ講座 多田文昌氏
ビジョン出版社 1800- ISBN4-938249-93-6
この本とても良いです。綺麗な写真とわかりやすい解説で初心者の僕にちょうど良い感じ、それと著者が誰かに師事して学んだってわけでもなく、自分の好きなものを好きな様に作って色々作るようになった!と言うのが特に....。さらに、「決まりごとをつくらない」と言う方針が、”が~ん”って感心してしまいました。もちろん綺麗に作るためにとか、他の方に喜んでもらうために使うテクニックとかもあり、色々苦労もされていると思いますが、趣味なんだから好きにして良し!って、そう言う感じで作っていこうかなぁ~と思います。

20050826.jpg
写真:ぐいのみ
ルリとの対比で、瀬戸黒と唐津の組み合わせ、白と黒のコントラストがいい感じになりました。
・粘土:基本粘土 150g
・釉薬:瀬戸黒+唐津
・作成方法:ロクロ

台風11号

2005/08/25 Thu

今日は、台風が上陸するかも?と言う事で強制定時退社。けど、この地方はコースから外れたようだ。
大きな被害がないといいなぁ。(四国の人は、少しはかすめて雨降らせてくれ~とかメールが、、。)

20050825.jpg
写真:ぐいのみ
作りたかった、瀬戸黒+ルリ。結構思ったような発色になって大満足。
この組み合わせで、また何か作ろう~。
粘土:基本粘土 150g
釉薬:瀬戸黒+ルリ
作成方法:ロクロ

ラーメン

2005/08/24 Wed

今日は、打合せのために江戸へ、昼をどうしようかなぁと相談しつつ、吉祥寺近辺で、ラーメンを食べようと言う事になり情報を収集。結果、蕎麦を入れた変り種ラーメン「旅人の木」へ、、駅から15分程歩き到着も、残念ながら夏期休暇、、。
仕方が無いので駅前で有名店がないかなぁと再度検索、「ホープ軒」「春木」「武蔵」「一二三」かな?最初に「麺屋武蔵 虎洞」を見つかった。
普通のラーメンを、ガリ無しで、、太い麺に濃いスープがからんでおいしい。
でも、最後は飽き気味に、、。これで武蔵も食べたし、次は何処にしようかなぁ~

こっちに戻ってきて、下っぱばっかり集めてのYさん壮行会。
美味しい料理と美味しいお酒に色々な話。とても楽しく、そして少し淋しい。。
沢山のんで、帰ってくるなりバタン。

読書感想文
NHK趣味入門 陶芸 島岡達三氏
日本放送出版協会 1800 ISBN4-14-011096-1
益子で焼き物の人間国宝になられた濱田庄司氏に師事しご自身も縄文象嵌にて重要無形文化財保持者の島岡氏による陶芸入門とても綺麗かつ丁寧な本で凄くいいです。作り方の話もとてもよくわかるし、綺麗な器達も沢山。
おすすめ本ですね~。

20050824.jpg
写真:ぐいのみ
大量に作った"ぐい飲み"の中で、ひょっとして一番かも?と言う出来の物。
鉄絵に透明ってつまらないよなぁ~と思っていたけど、とんでもない誤解でした。
・粘土:基本粘土 150g
・釉薬:鉄+透明
・作成方法:ロクロ
たぶんプレゼントになるかなぁ?(選んでもらう予定なのでまだ未定)

大型1種免許取得に挑戦 技能試験

2005/08/23 Tue

昨日のAコースの失敗が気になる。。出来れば、Bコースになって欲しいところ。

試験は午後だけど、受付は11:40となっている。昼の開放を歩くつもりなので、早めの昼食と言うことで、コンビニでおにぎりとお茶を調達、行きながら摂取。
11時過ぎに試験場に到着。まだ誰も並んでいない。Webで見た事前情報だと、最初にAコースに10人を割り当て、その後にBコースらしい、、ので並ばずに試験車両を調査。
Bコースには車なし、Aコースに2台、"203"と"210"、203は、ハンドブレーキが変わった新型、一度乗ったけどエンジンやブレーキはとても良い。しかし、ハンドブレーキが特殊なため、坂道で苦労しそうだ、出来れば避けたい。210は、乗りなれている型。乗った事があるか思い出せず、どんな癖がある車かはわからないけれど操作は同じなのでこちらがいいなぁ。

そうこうしていると、受け付け5分前、受付には既に10人並んでいる。しかし、一種だけではなく、二種や、牽引も同じ受付なのでもう少し様子見。確実に15人を過ぎたところで列に並ぶ、直前の人はBコース、、「やった!」と喜んだのもつかの間、Aコースの紙が出てくる。。「げっ!なんで?」どうも振り分けよのうだ、結局Aコースの最後から3人目になった模様。。。(後で順番の点呼で210号車の最後になった、残り二人は203号車)こうなったら、しゃーない、覚悟を決めて、コースへ、弱り目に祟り目で、雨が強くなってきた。傘を取りに車に戻り。再度コースへ。Aコースを歩きつつ。運転しているつもりでAコースの注意点を呼称。一応は全部頭に入れたつもり、後は乗ってみるしかない。
待ち時間の間に、他の受験者と雑談。今回は初めての人が多いそうだ、話していた**23,**26,**28の方は普段からトラックに乗っているらしい。。しかも、26さんは2回目、28さんは6回目と来ている。23さんと、初めてで緊張するし、周りは多数回受験者、、励ましあいつつも、まぁ、普段から乗っているわけでもないし、じたばたしてもしょうがないと開き直りぎみに。。
1人目、50ぐらいの方、ウィンカー忘れなどもあり、あまり上手く見えない。。終わってからも指導員が身振り手振りを交えて指導。。
23さんが、指導が長いと駄目なのかなぁ~とつぶやく。。。
2人目が終わり、23さんに、「ガンバッテ」と声をかけ、見学、、やっぱり普段から乗っているだけあってそつなく、前の二人に比べるとスピードの乗せ方が上手い!
帰ってから指導内容を聞くと、右左折時に寄せていないことを、かなり指導されたようだ。(落ち込んでました。)自分も気をつけよう。
その後、かなり若い方。ウインカー忘れや乗り上げなどで、途中でさようならになった。。(自分もそうなりそうな。。)
その向こうで、Bコースを綺麗に走っている車が、、上手いなぁ。あれぐらい乗れれば大きなミスが無い限り良いんだろう~と思う。
で、26さん、さすがに上手い。寄せも良さそう、、。
発着場に入ってきた、見ている限りほぼ完璧!えっ、何かぎこちない出発した場所と違う所に。急遽指示があったのか?と思いつつも交代です。

28さんとも、ほぼ同時、28さんが先に発車になり、後追い気味。
慎重に、椅子の位置、ミラーを合わせクラッチ、ブレーキを確かめる。少しクラッチが重いようだ、注意しよう。。で発車。

ならし区間までの間に、ミッションとステアリングを確認。4速までは大丈夫。
ならし区間終わり、28さんと前後しているため、お見合いに。。しばらく待つように指示を受けてかなり先に行って頂いた後に試験開始。
坂道発進、ハンドブレーキも良好!と思ったら、アクセルと吹かしすぎた!少し戻して半クラッチ。ジャストミートとは行かなかったけど、難なく発進。
障害物を避けて、アクセルを踏み込み5速へ、割と入りやすかった。
47~48km/hを確認。S字へ備えてウィンカー、エンジンブレーキ、後側方安全確認、左寄せ、ブレーキ、2速へ。綺麗にS字に入れた。
クラッチから完全に足を離し、少しアクセルを入れ気味でS路通過!S路出口の一時停止で停止線を越えないように注意し停止。(ここまででかなり落ち着いた)
少しづつ前進しながら左右確認。つぎの右折に備えて第3車線へ。
一時停止後、左右確認し発進。(注、ミス!)。直ぐ次も右折、徐行しながら左右確認。車は来ていないのでそのまま右折、(一時停止の無いところでは徐行で安全確認すればそのまま進入してよい。)周回路で再度5速へ。
その後、車線変更、右折しクランク指示方向の確認。「ラッキー!右だ!」信号を右折(ここもミス!)、その後、右折、3速でクランクへ進入。
クランクへ入って左に寄せてから2速へ。まず右クランク、一呼吸置いてから右にいっぱいに切る、ちょっと早かった!少しやばそうなので左へ逃がしセーフ。。一端右に寄せて左クランク。今度は、ばっちり!周回路の左右を確認し右折で周回路へ。
3速4速とつなぎカーブ、カーブ中の直線部で5速へ。そのまま、カーブ後、踏切への進入に備えて車線変更、右折。
踏み切りを超えて(踏み切り中はギアチェンジ厳禁)左寄せ、安全確認して3速、左折。3速のまま(不味かったようです)次の左折に備えて後側方確認、左寄せ、停止。左右確認後、発進、左折、左を空けすぎないように注意しながら、左折後3速へ、次の左折に備え、後側方確認、左寄せと共に、左右確認。左から車!で停止。
再度左右確認、左折後3速、後側方確認、左寄せ、クランクに入るつもりで一呼吸おいてから一杯に切る。
良かった、無事通過。。と思ったら、前の28さんに追いついてしまった。そのまま待つように指示。が、28さんが出にくいので後退の指示が、、、「こんなところでバックしたこと無いぞ」と思いつつゆっくりバック。
ペンは動かなかった。よかった。(ココまで、一度もペンが動いていない)
28さんをやり過ごしてから、方向転換場所へ進入、、、車庫内の安全確認、少し右寄せとか意識し、停止位置も良し、バックで車庫へ侵入。。
えっ!指導員のペンが動いている!何か失敗した!、、あせりつつも車庫内へ無事入れた。指導員難しい顔をしながらペンを走らせ、、終わったらファイルを閉じてしまった!(車庫内の安全確認時に無意識で指差し呼称してしまったらしい。)あ~ぁ、、、、。落ち込みつつ発着場に。
開口一番、「どういえばいいかなぁ?前半は良かったのに、何で後半がメリハリが無くなってしまったのか?踏切を越えてからがだらだらとした走りになっていた。」との指導を頂いた。後側方と左寄せに注意が行き過ぎてしまったようだ。
「それから、横断歩道のある交差点の右折時!走行コースにしか注意が行っていない、横断歩道があるのだからもっと顔を右に向けて横断者を注意しないと、街中では事故を起こすよ!」、、はい、ごもっともです。。ここは、歩行者が無いので完全に意識から抜けてました。。
「最後に、方向転換場所で何やった!」「安全確認を、、」「それだけじゃないだろう~!」「えっ?ひょっとして、指差ししました?(完全に無意識)」「どっかの大手企業が馬鹿のように指差し呼称を奨励しているけど、ここでは絶対に許さん。走行中にハンドルから手を離すなぞ、安全運転の意識が無い!」とカンカン。(そっか、これが大減点だぁ)「これで落ちる奴や、試験中止の奴もいるんだぞ」「あそこ以外は、指差ししとらんかったけど、絶対にやるな」.....「はい」「じゃあ行って良し」「有難うございました....」
落ち込み状態で下車、(次ぎ受けるときには、絶対注意しなければ)、、そこ以外大きな減点はないはず。それにしても無意識で手が動いたのが悔やまれる。。

23,26,28さんと雑談。感触としては、26さんは良さそうだ。23,28さん僕はわからない、指導もかなりもらったし。。

試験発表まで、1時間少し、腹が減ったなぁと26さんは食堂へ。皆さんバラバラに、僕は、珈琲を飲みに。。

結果発表の3:20。
23,26,28さんも集まってきた、僕は、27.
大型1種は、一番最初に発表されるようだ。
……23……26,27,28……「おっしゃ!、一発合格!」、しかも、一緒に話していた全員が合格!Aコースの合格者は、この4人だけの模様。Bコースも、何人か合格した。5番目の人が走っていたときの綺麗に乗れていた方は、当然のように合格していた。

とにかく、嬉しい。Aコースになった時点で無理かなと思っていた上に、指差し呼称の指導があったので、駄目だと思っていた。
嬉しい!良かったぁ!

試験の成績は、70点、、やっぱりギリギリ~と、他の方にも聞いて見ると、全員70点だった。まあ、合格合格と。

免許を頂いた後、練習所へ合格の報告。練習手帳と教習原簿に「合格」の丸印を押して頂き、「おめでとうございます」と、、、「こちらこそ、有難うございました。」
ちょうど、4時の練習開始2分前。
慌てて下へ降りる。一番指導していただいたY指導員と、最初にご迷惑をお掛けし厳しい指導を頂いたN指導員が各々車に乗り込むところだった。小走りに走り、合格の報告をさせて頂いた。

「本当に有難うございました。」

折角合格したので、書いていた取得体験記を公開しよう~!
大型1種免許取得に挑戦 その1
大型1種免許取得に挑戦 その2
大型1種免許取得に挑戦 その3
大型1種免許取得に挑戦 その4
大型1種免許取得に挑戦 その5

掛かった費用
練習所
・入校料: 3,300円
・練習料:56,700円(=8,100円×7)
試験料
・受験料: 3,300円
・貸車料: 1,100円
・申請料: 1,650円
写真:     500円

大型1種免許取得に挑戦 その5

2005/08/22 Mon

一応、今日2時間のって仕上げるつもり。

まずは、Bコースを再度おさらいで完璧にしようともくろむ。
初めて、K指導員になりました。
まず一周目、左折時に左への寄りが少ないことを指導いただく、その後は怒涛の様に、寄り幅、安全確認など、を指導され少し落ち込み気味に、とにかく指導が細かく忙しく、そして適切です。。その通りと思いつつ、、忙しい。。それと切り返し時、車庫前を通り過ぎる時にも車庫の中を安全確認するように指導を頂いた。これは、無意識にしているときもあったけど、忘れているときが殆どだったので要注意!ありがたい指導でした。その後も、寄り幅と安全確認を指導。。Bコースの最大の問題はS字の鋭角出口。結局感覚が掴めなかった。。はみ出しとか乗り上げは無かったけど、、確実に減点対象になるなぁ。。最後に、「車には乗れているし大丈夫でしょう。」とのお言葉、「安全確認と寄りだけはしっかりと、普段からも気をつけて!」と再度指導頂き終了。

次は、Aコース。いつもお世話になっているY指導員。
車を発車して、出発地点へ。。。と思ったら。「そのまま行けばいいよ!」の声で少しパニック。。あわてて左車線に戻ったものの、次の発車合図の右ウインカー、後に続く坂道への侵入合図左ウインカーに遅れる。。いかん完全に注意点を忘れている。。と思ったら最後完全にパニックに。。極めつけは、クランク、左クランクで完全に切り遅れる。。駄目じゃん。。冷静に冷静にと思っても、落ち着かない。。切り替えしでも切り遅れたり。。発着所に戻って。。厳重に指導、、クランクと直角左折をしっかり指導いただきました。その後は少し落ち着いたものの、久しぶりのAコースに戸惑い。。しまったなぁ、もう少しA・Bを交互に乗っておけばよかった。。
「一応、落ち着いていれば、乗れているので、落ち着いて、、、。」と励ましのお言葉を頂き、さて、どう受け取るべきか。。。左折時の寄せと切るタイミングをしっかりと指導頂いたのと、「慌てた感じにならないようにゆったりと(ゆっくりとではない)運転するように気をつけて頑張ってきなさい」とのお言葉を頂きつつ終了。

さてと、結果はどうなるかわからないけれど、明日は11時過ぎに着くようにして、受付後の昼開放は、コースを歩き、念入りに注意点を確認しよう~。

使った費用。
練習所
・練習料: 8,100円 x 2

中華食堂

2005/08/22 Mon

今日の昼は、近くに出来た食堂へ。
ランチタイムは禁煙らしい。。ってそう言う店には入らないことにしているけど、新規開店だし入ってみるかぁ~。
営業時間(11:00-25:00)からすると居酒屋系かな?と思いきや昼のランチはファミレスっぽい、何が良いかわからないし日替わりが無いので、から揚げ定食を、鳥のから揚げと生野菜(サラダじゃないです)、漬物にライスとミニラーメン。。。
う~ん、10歳若けりゃ喜んだかもしれないけど、既に量は人並みになっているので多すぎ~、さらにこの時期は食欲無いので完食できず、、申し訳ない。
# 多分、昼には、もう来ないなぁ..。
夜のメニューを試しに来ようかな。

読書感想文
観る陶芸から作る喜びへ やきものを始める人のために 吉田新一氏
池田書店 1600 ISBN4-262-14690-1
ライターさんが「ふれあい工房」さんに取材して作った入門書って感じです。
順をおって陶芸の基礎が学べるようになっている。でも何か編集というか、読むと不自然。このまま教材にして一週間ぐらいの時間経過をそのまま、本にしたって感じで、読みながらやるとちょうど良いんだろうなぁ。と思いました。
入門書としてはとてもわかりやすいです。それに巻頭に綺麗に器が沢山!歴史的な名品ってのじゃなさそうですけど、とても参考になります。
本を読んでいて気がついたのは、ロクロを挽いているときの左手の形。。人差し指を曲げて外周にあてがい土を上に押し上げるようにしている。他の本でも見ていて大物だけそう言う形なのか?と思っていたけど小物でもそうしているのを始めてみた。今度試してみようかなぁ?

20050822.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠あり
ひらがなを彫るのが余り苦にならなくなってきた気がする。。出来上がりは、、まあその時次第と言うことで。。(汗)
この方も、たぶんお会いする機会はないので、先生にお願いしました。

虫の音

2005/08/21 Sun

今週末は、特に何もせずのんびりと。。

篆刻は、少しづつ作成中。でも本で読んだ事が気になる。。書道としての篆刻とは少し違う、僕が、何を作っていきたいのか、見えてこないなぁ。
ガキ(小学生ぐらい)の頃、彫刻とか版画とか絵画って、好きで色々作ってた。何考えていたのか当然覚えてないけど、きっと感じたものを作ってたんだよなぁ。
その後は、電気とか工学に興味をもって、美術や芸術とか、そう言うものに興味を持たなくなってしまったから、すっぽり抜けている。
まぁ、色々あってもいいじゃんと思いながらも、少し考えよう。

ついこの間セミの大合唱が始まったと思っていたら、夜になると秋の虫の音が心地よく聞こえてきました....既に秋なんですね~。
まだ少し早いけど、秋といえば美味しいものが沢山。魚も旨くなるし。。また市にでも行こうかな?楽しみ。

20050821.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
昨日の「由」さんのも、そうなんだけど、印の字が薄くなってしまっている気がする、何度か押してみると綺麗に入るときもある?
普通は□枠が無いほうが綺麗に粘土に入っていくけれど、字が□に近いものは、枠があったほうが良いのかもしれない。。。
この方も、たぶんお会いする機会はないので、先生にお願いしました。

ネスト

2005/08/19 Fri

適当にでっち上げ、、とか思ったらネストが深すぎ~。ちょっと考えよう。

魯山人のうつわ王国
学習研究社 1900円 ISBN4-05-401125-X
魯山人が陶芸を始めたぐらいからの色々な話と、魯山人作の綺麗な器に料理が盛りつけられてとてもとても、、手に持って見てみたいなぁ。(高くて買えません(泣)
魯山人が陶芸を始めたのは、30代なんですねぇ。そのまえから、篆刻家・書家として有名だったので、本当に天才なんですね。(さらに、料理家として美食家としても有名ですし)
で、本を読み進めると、妥協をしないというか、凄いですね。う~ん、ここまで超越した人って本当にすごいですね、尊敬してしまいます。まねは出来ないけど、いいなぁ。
そうそう、最近色んな本を見ていると、呉須と織部に興味が、、、。織部の緑っていいなぁ、教室では出せないんだろうなぁ。呉須の方は、どうなんだろう?今度聞いてみよう~。

20050819.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
この方も、たぶんお会いする機会はないので、先生にお願いしました。

引継ぎ?

2005/08/18 Thu

今日は、溜まっていたメールやニュースの処理を終わらせた後は、引継ぎ?っていっても、引き継ぐように!という業務指示を受けていない。それどころか、そもそもYさんの異動の話を上司からは聞いてないぞ!!(いい加減に、そのぐらいの仕事はしろ!怒!!)
まぁ、結局はやらなきゃいけないものは、僕がやるんだから、じゃんじゃん言ってくれ~と。。。はぁ。

と、そのあたりをやりつつ、自分の業務関係も、出力仕様を考えて。。後は、前のを参考に適当に、、、かな。

読書感想文の続き
篆刻の芸術 樋田直人氏
小学館 1200円 ISBN4-??-460126-0
通常の篆刻は文字のみなんだけど、この著者は、それに絵を加えて芸術にって感じの事を書かれていました。篆刻のルーツは、粘土板に象形文字や絵を書いたところから始まっているのだから、そうした芸術があるべきと言う感じ。この本も篆刻の歴史や色々な技法が書かれていて、本格的~と思ったら、1988年に書いた物を復刻で出版したものだった。そうか、この手の本が再版どころか復刻することは滅多にないだろうから、名書なんだなぁ。
少し固い気もするけど、歴史も技法もとても為になりました。

20050818.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
常滑の、焼きもの散歩道を歩いているときに先生からメールで依頼いただいた物。
たぶんお会いする機会はないので、先生にお願いしました。

大型1種免許取得に挑戦 その4

2005/08/17 Wed

久しぶりの、大型1種の練習。今日でBコースなどを完璧に。。と目論んだ物の、11日の空白は、、、車両感覚は、、、?不安を覚えつつ練習所に。

コースは、ほぼ覚えているのと雑用から、昼の解放時間はパスして、3時過ぎに到着。
一応コースのチェック。大丈夫覚えている。ブレーキとハンドル操作のイメージを確認、、、が、やっぱりわからない。乗ってみるしかなさそうだ。
さて時間、、指定された車両が無い?車庫前に置いてあったが、近寄ると、「車両変わったよ~!」「えっ!どの車両?」「さぁ。。。。」
どうしよう、と駆け戻ると、Y指導員が載った車両が空席。「車両変わりました?」と聞くと「さっさと乗れ~」「はい」と今日もY指導員となりました。
「どのコースが良い?」H指導員に頂いたアドバイスから「Bコースへ」と。

乗り始めてすぐ、ならし区間、「左に寄るのは良いけど、白線は踏むなよ」あちゃ~、だいぶ左に寄っている、ってか、これ以上行くと本当に白線踏むなぁ。やっぱり車両感覚を忘れてる、、と気にしすぎたら、今度は方向転換時や、左曲がり時に右に寄りすぎている。。ダメじゃん。ブレーキもぎこちないし。
2周終わって、ブレーキと車両感覚はダメ出しをされました。しかし、シフトはスムーズで良いとのお褒めの言葉をいただき、さらにシフトタイミングのコツを指導いただきました。

3周目、車両感覚とシフトタイミングに気をつけて、シフトの方は、だいぶ小気味よくシフトしながら、車速を乗せられるようになり、なるほどと実感。
しかし、S路の出口が相変わらずダメ。無意識に早めに切り始めている(らしい)。直角に出るつもりで!と再度指導を頂きました。
う~ん、この調子では難しそうだ。。

終了後に、「後何時間程度、乗らせていただいたら良いでしょう?」とお伺い。
「1時間しか取ってなかったよなぁ、率直に言うと1時間では物足らないな。2時間乗りなさい。」とのお言葉。
やっぱり、まだ乗れていないなぁと。。自分で思うぐらいだから、指導員からしたら当たり前かな、でも2時間で足りるだろうか?盆休みで空白が空いたのもあると思うけど、やっぱり10時間コースかも。。。

土曜日の予約を入れようとしたが、良い時間に空きがない。。。仕方がない、月曜日2時間乗って、その後どうするか決めよう。

使った費用。
練習所
・練習料: 8,100円

陶芸教室

2005/08/17 Wed

久しぶりの陶芸を楽しんできました。

”ぐい飲み”は、予想外に上手く出来た物もありました。。特に鉄絵+透明の出来が良くてビックリ!そういうのもあるから、陶芸はやめられそうにないです~。
唐津の釉薬を塗った物は、厚く塗りすぎた物が多く垂れてしまった、、すみません。
さて、来週ぐらいに持っていって選んでもらお~。

”醤油注し”は、予定通り、鉄絵を、、う~ん、難しい。。。夏らしくていいじゃん。とのお言葉を頂きましたが、、そうかなあ、良くわからない。。やっぱり絵心はないかも、、。
”フリーカップ”の仕上げと、数作り、、ひとつめは、上手く引き上げられた(450g)、2個目は300gで挽いたけど、途中で千切ってしまった。。。粘土を練り直して再度作成も"よれよれ"でダメじゃん。って感じでした。もう少し、数をこなそう~。それに1つめも10cmは超えたけど、目標の15cmには届かなかったし~。
しばらくは、高さに挑戦です~。

20050817.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
これも、教室でお会いした方の物、先生にお渡しして頂けるようにお願いしました。

明日の陶芸

2005/08/16 Tue

明日は久しぶりに陶芸教室です~。
# 先週は行けなかったので....。

数作りした”ぐい飲み”が出来ているかなぁ?どんな発色になっているか、とても楽しみです~。
それから、”醤油注し”の釉薬はどんな感じにしようかな?鉄絵を描いて....(って描けるだろうか?)そのあとは、透明をかけよう。上手く出来ると良いのだけれど..。
”フリーカップ”の仕上げもあった。これはこれで、どんな感じになるのかとても楽しみ!これは釉薬をまったく使わない予定なので何かしらの模様が出てくれるといいな。

20050816.jpg
写真の印花:
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
連休前の教室でお会いした方の一人。
たぶん、そうそう、お会いすることは無いと思うので先生に渡していただけるようにお願いかなぁ?

キャンプ

2005/08/15 Mon

20050815.jpg

やっと、こっちに戻ってきました。

いつものとおり、信州の山にキャンプにでかけ、のんびりしてました。
山の天気は変わりやすく、昼間は晴れた!と思ったら夕方からは土砂降りの雨とか。。
でも、流星雨(って言っても全然少なくまれに流れる程度ですけどね)も観れたし。
酔っ払いすぎて、そのまま寝てしまい、朝起きたら虫さされで痒くてとか失敗も。。
温泉にも浸かって、充実したキャンプでした。次は未定だけど9月に一度行きたいなぁ。

夏期連休読書感想文 その4

2005/08/13 Sat

篆刻の本も借りてきたので。

日曜日の遊び方 印を刻む 武藤 春卿 氏
雄鶏社 1500円 ISBN4-277-81245-7
書家として篆刻家としてとても、高名な先生らしい(国会の先生方の名を書いていた方だそうだ)、、で、中身も本格的! とても、日曜日の遊び方なんてレベルで読む本じゃない!と思ってしまった。
印の歴史、書の歴史から始まって、印の見方や心得などが多数。後半は全て観賞と言う事で、歴史的な良い手本が、延々と載っている。これで、1500円は、本格的に始めようと思っている人には破格だろうと思う。でも、文体はかなりキツイし、篆刻通信講座の事とか他書のことは、ケチョンケチョンに書いてあるので、読み物としては全然面白くないです。
本格的にやろうと思ったときには、欲しい本ですね。

夏期連休読書感想文 その3

2005/08/12 Fri

週末陶芸家になろう! 林 寧彦氏
双葉社 1600円 ISBN4-575-29295-2

サラリーマンの著者が単身赴任先でマンションを工房にして陶芸を楽しむ!という内容でとっても面白い!
この話、どっかで聞いた気が?と思いながら読み進めていくと、陶磁郎に書いている方だった!そうか。。この方、この本を書いたときは、サラリーマンだったんだぁ。今はフリーで仕事をしながら、陶芸家をされているそうです。
でも、趣味の陶芸でここまでしてしまうのは、すごいなぁ。マンションでの陶芸生活とか、陶芸家の所に通っている話とか、とても面白いと同時に感心する事多し!草木とか風景を感じるために歩いていたり、、いいですね。この方が陶芸を始めた時よりもまだ若いので、、(笑)。こういう年の取り方を羨ましくおもってしまう。
最後は、工場を買ってしまったり。。で、今フリーで仕事してたり、とか、とてもまねの出来ないところもありますけど。
この本は、買おうかなぁ。(まだ、あるんだろうか?)

「自他合一」って、言葉が気に入ってしまいました。

夏期連休読書感想文 その2

2005/08/11 Thu

と、昨日の続きで読んだ本を。。

なりたい!! 陶芸家
大栄出版編集部・編 IBSN4-8125-1465-7
題名だけで借りてきちゃいましたが、この本は、その職業につきたい人が参考にする本のシリーズ物だそうで、、、、。全然違うやん!(趣味陶芸ですからぁ~(笑)
陶芸の基本的なこととか、窯場の話もあって興味深い、それと陶芸家の収入について、、。
まぁ、やっぱりというか、芸術家ですから、高名な先生だと一品あたりの値段はとんでもないことになるらしい。が、数は少なくしか売らないので収入はそれほど多くないようだ。(長者番付には出てこない、、って書いてあった。)
それと、芸術品は数が売れないので、日用品を作って糧を得ていると書いてあった。高名な先生だと、日用品は売れない(安い値段をつけられない)ので、弟子に指導して作らせて、窯元の名前で売るらしい。(と言うことは、良い物が安く買える?)
などなど、インタビューとかを通して、陶芸家という職業がわかるようになっていた、面白い本ですねぇ。

僕は当然、趣味陶芸なので、、でも、自分の作った物を人に観てもらうのは良いなぁ。

夏期連休読書感想文 その1

2005/08/10 Wed

休み中の空き時間に読書でもしようと、図書館へ
陶芸と篆刻の本が結構あった、どれにしようかと迷いつつも適当に3冊づつ。

読んだ本を適当にメモしておこう。

陶芸やるゾ のがみけい氏
集英社 1260円 ISBN4-08-333013-9
コミックスタイルでとても読みやすく楽しい本でした。陶芸の基本やまんがを書きながら、陶芸する著者さんの様子と人間模様がとても面白かったです。
陶芸の基本を絵で確認するのに良いなぁ~と思いました。
てびねり、たたら、ロクロに窯選び、絵付けなどなどとってもわかりやすい。
反面、作品の紹介は少なくて残念。。。

いま、会いにゆきます。

2005/08/09 Tue

ある意味、話題作らしい。(うといので知らなかった、、、(^^;A)
"いま、会いにゆきます。"を観た。こういう、映画はとっても弱いです。
# 昨日今日で3枚みたけど、記憶に残ったのはこれだけ。
とにかく一途に、心に響く。。そういう気持ちを持ちたいなぁって思います。
全てを包み込むような、そういう人間になりたい。

DVD

2005/08/08 Mon

休みに入ったし~、DVDでも見よ~と、すごく久しぶりに近くのレンタル屋に。
色々とみたい物が目白押し、、で気がついたら10枚の制限に。。

アクション、コメディ、が少し、残りは、ほんわりとした物を中心に、、それから、テレビドラマのDVD化したやつ。
(連ドラは、観れない時が多いので、気になってたドラマでも観てないのが殆どなのです。。)

こんなに借りても全部みる時間は無いよなぁ~と思ったんだけど、そのまま借りてきてしまいました。
まぁ、車でも見れるし、なんとかなるかなぁ?(運転者は安全運転に撤しましょう(笑)

さて何から見ようかなぁ~。

夏祭り

2005/08/07 Sun

ジーンズのサイズが合わなくなってしまったので、そんなに着ないし、どうでもよいけど、、と思いつつも、キャンプで無いと不便だし~と買い出しに。驚いたことに2サイズは違う。まあしょうがない。

帰り道、地元の夏祭りがあったので、車を近くの駐車場に放り込み散策。
こじんまりとした祭りだけど、屋台やらなんか出ている。車なのでビールは飲めないし、つまみ系も手だしはやめ。冷凍パインとか昔懐かしい味を楽しんでいると、、、クラッカーボールの音が!中学生かなぁ、女の子達が浴衣でおしゃれしている先に、同級生?の男の子達がいたずらで撒いている模様。(ゲタで踏むと破裂します)。。あはは、きっと、あの中に気になる娘がいるんだろうなぁ。なんか笑ってしまった。

30分程で、ビールの誘惑に負けそうになり、退散。
もちろん、帰り道に酒屋によってから帰りました。(^^;A

20050807.jpg
写真のハンコ:
・材料:青田石 15mm角
・彫り:白文
昨日のハンコに納得が出来なかったので、使い慣れている青田石でもう一つ制作。二つともお渡ししました。
文字を少し細めにしてあるので、気になったら太くします。と伝えてもらうことにして完成。

このブログにアクセスして頂いている方が少し増えているらしい....。それは嬉しい、、でも、駄文だし、照れます~。
もしよかったらコメントでも残していってもらえると嬉しいな。

大型1種免許取得に挑戦 その3

2005/08/06 Sat

今日は、午後2時からの練習ですが、例のごとく11時半に練習所へ。
練習所に入ったところで、N指導員が休憩中。色々と話を伺い、連休の予定とか話になったり、へぇ、キャンプするんですかぁ。キャンプ話をいくつかしている間に午前の受付時間終了が迫る。。。あわてて受付へ。
# N指導員が僕より10も上だと知って少し驚く。

連休翌週の予約を済ませ。コース上へ、と思ったら、雷と雨が、、ついてない。車に戻り傘をだして、とぼとぼと。
今日は、Bコースを覚えよう、一応コース図を見て覚え、その通りに歩く。基本的な事はAコースと同じだけど、やっぱり注意点がありそうだ。

その後、2階で涼みながら、一時間、他の練習生の運転を見学。
いろいろなレベルの人がいる、そろそろ終了かなぁ。という運転をしている人を見つけひたすら目で追ってました。
コースの取り方とかは参考になるかなぁと思ったけど、遠すぎてわからず。。
あれぐらいスムースな運転になるように。。

さて、自分の練習時間。今日は、H指導員になりました、50代かな?
今までの経緯を簡単に説明後、「じゃぁ始めましょう~。Bコースね!」....「一周Aコースを廻って見ていただいてから、Bコースでもいいですか?」「その方が、いいねぇ、そうしましょう。」とAコースへ。この車、ブレーキ重い~、いきなり不安が。。でも、3~4回踏んだらなれました。(試験の時は、一発目のブレーキで感覚を掴まなきゃならんのにどうしよう?)
Aコース障害物を避けたところで、「もう少し左をあけて避けましょう」とご指導いただいた。。ちゃんと右車線に入った方がいいんだ、、、今まで左割り込みされないぐらいの隙間を狙っていたのに。。。勘違いを指摘してもらえたので、これはラッキーかも。懸案のクランクも今日は比較的良かった、S路とか後輪がぎりぎりの所があったけど、、、で、Aコース終了。
「はいじゃあ、Bコースね」一周目、コースを指示いただきながら廻る、まぁ、歩いてコースを覚えたから、一応頭に入っている。でも注意点は、、?
S路の出口は、鋭角。「ここ、小回りね」やっぱり、第2車線へのはみ出しはダメみたい。うーん感覚を掴まなくちゃ。
坂道への入り口、「もっと左によって進入しなさい。」周回路からそのまま入ろうとしたらダメらしい。ちゃんと左に寄せましょう。で坂道後の左折。「ここって第2車線に入ってもいいですか?」。。。。「えっ、何?あっ、少しならいいよ」って返事を貰う前に切り初めてしまっていたので後輪を乗り上げちゃいました。次から気を付けよう。。
後は、車庫入れ。今日は何故か左によってしまう。。(切り初めが遅いんですが、、)。「これでもギリギリ出れるけど、ムリと判断したら、切り返しをしなさい。」「本番もいいですか?」「やらない方がいいけど一回だけなら大丈夫」「じゃあ練習させてください」と切り返しの練習。ハンドル重い?そりゃすえぎりは、できないよなぁ。。と少し車を動かしながらでハンドルは右に左に大忙し、で無事に切り返しできた。。確かにこれだけ左が空けば楽に出られるなぁ。と、
その後は、ぐるぐる廻って、発着場に向かう。信号右折後、「ここは、徐行だからね、さらに右から来てなければ行っていいよ。あそうそう、Aコース坂道の車優先だからそのつもりで」そっか、了解。で徐行左折後、第2車線へ、「対向車がなければ発着場へ、でも対向車見にくいから気をつけて」確かにカーブでとても見にくい。確認後にもたもたしてると次が来てしまう。発着場へ右折進入。感覚がわからん。「もう少し左に寄せて」。はい。。。
2周目、ほぼ順調。。目の前の信号が"青"右見て・左見て・左後方確認・もう一度右。。"あっ!信号が黄色に"。。。既に停止線には止まれないと判断したけど、指導員から「今のタイミングならギリギリ止まれる、側後方確認で前見てなかったでしょう。しょうがないけど、本番なら"さようなら"ですよ。。」はい。。。
その後は、順調、、、、、3周目、ならし終了の一時停止、「ちゃんと寄せてるのはいいことだけど、左ラインは踏まないようにね。」。。その後は、順調、、ってか、指導員横で完全に目を瞑ってます。。いいんだろうか?
4周目、スタート。えっと、左ラインを確認、、、しまった!!止まれない!と急ブレーキ気味に。。しっかり、指導頂きました。。確認項目を増やしたんだから作業を前だししないと。。
その後も、指導員は目を瞑ったまま。。「そろそろ、時間なので、次の信号左折、周回路に出て戻って」
最後に、「だいぶ車にも慣れて来てますね、後2回予約入れているのか?じゃぁ、次はBコースをもう一度重点的に、その次はAとBを交互におさらいして、仕上げなさい。安全確認と粗い運転にならないよう気をつけて。頑張って。」はい。取りあえず乗れてきている、と言うことなのだろう。さて、次までは、かなり間が空いてしまうけど、イメージトレーニングだけはしておこう。

使った費用。
練習所
・練習料: 8,100円

ギャラリー更新

2005/08/06 Sat

いつもお世話になっている陶芸教室のギャラリーが更新されていました。
綺麗な器の写真が掲載されています。是非見てくださいな。

沢山あるなかで気になった作品をいくつか。
「まさえ」さんの花器かな?わざと割ってあるのかなぁ?なんかすごくいいですねぇ。
この方の作品ってなんか味がありますね。
# 何時になったらこんな作品を作れるようになるのだろうか。。。。

それから「風」さんの作品。なんかオブジェのような、高原の涼しさが伝わってくるような器ですね。(こちらは実物も拝見したもんね。良い感じですよ~)

えっと、「春」さんの絵深皿。実物も拝見しました。(作陶中も....)すごく細かく描き込んであって"すごい"です。本焼き後は、透明釉薬がかかり、ほんわりとした雰囲気になってました。

私のも掲載していただきました。ありがとうございます。この作品は、知人にプレゼントしました。

20050806.jpg
写真のハンコ:
・材料:バリン石の12mm角
・彫り:白文
無理言って知人に紹介して頂き、作成させてもらいました。
# 絵手紙を描かれる方だそうです。
バリン石は削り易いのですが、今一つ納得できない。。のでもう一つ作ることにしました。

珈琲ブレイク

2005/08/04 Thu

昨日いただいたお菓子を食べようと、夕方に珈琲ブレイク。周りの人にも御裾分け。とても美味しく周りの人達にも喜んでもらえました。どうもありがとうございます。

出張やら引継ぎやらの日程調整が多くなりそう。
物作りや作業は、しばらくお預けかなぁ。

20050804.jpg
写真:亀の置物?(はし置き)
・粘土:焼き物。。。?
・釉薬:唐津
・作成方法:てびねり?どろあそび。
5体そろえて記念撮影。

陶芸教室

2005/08/03 Wed

Yさんの異動が本決まりになったようだ、早ければ連休明け、遅くとも9月初めには異動するらしい。引継ぎとか色々とあるけど、なにはともあれ、お疲れ様でした。新天地でも頑張ってくださいな。
# 栄転祝いの宴会をやらなっくっちゃ。

さて今日は、毎週水曜日のお楽しみ!陶芸教室。
「叶」さん、繊細で綺麗な器を作成される「ゆう」さん、少し遅れて「まゆ」さんの4人。
「N」さんは、体調を崩し、お休みだそうでお大事にしてください。

先週に仕上げしたばかりの”ぐいのみ”の素焼きが終わっていた。夏場は乾燥が速いのかな?予定通り、透明釉薬を発色しないぐらい薄めて刷毛塗り。綺麗に出来上がるといいなぁ。
次に、先週の続きで”醤油注し”を仕上げ。「乾燥が進んでいるから削りにくかったら少し濡らすといいよ。」とご指導を頂き作業開始。確かに少し硬いみたいだけどかえって削りやすい気が、、、結果、いつもよりも綺麗に仕上げることが出来た。。(ちょっとおかしい?)、蓋と胴の合わせも思ったより綺麗に出来てよかった。
その後、”フリーカップ”を。磁器土と焼き物粘土をマーブル模様っぽくしたくて、適当にあわせてロクロにセット。でも一周の間に手触りが変わる。。失敗したぁと思いながらも無理やり挽いてみると、”ぐにゃぐにゃ”になってしまった。上のほうを切って揃え、挽いては切ってで、結局いつものとおり10cmの壁を超えられない。(進歩がありませんねぇ.....)最後に無理やり挽いて10cmを少し超えた!ので止め。本当は15cmぐらいまで挽きたかったんだけどなぁ。それにマーブルにはならなかったし....次に作る奴は、単独の粘土で高さを上げられるように頑張ろう。

今週は、ハンコの注文はありませんでした。(残念)連休中に注文があったらメールで頂けるようにお願いし、今ある分だけでもゆっくり作製します~。

(先生経由で)「ひ」さんから洋菓子を沢山頂きました。有難うございます。
「まゆ」さんからも、オミアゲお菓子を頂きました。有難うございます。
早速、明日の仕事中に珈琲ブレイクを作って(ぉぃ)、ごちそうになりま~す。楽しみ!!

20050803.jpg
写真:亀の置物?(はし置き)
・粘土:焼き物。。。?
・釉薬:唐津
・作成方法:てびねり?どろあそび。
5体目。。素焼き中に前足が折れてしまいました。次に作る奴は、象亀の足にしよう~。

酷暑!?

2005/08/02 Tue

あち~! 今日の昼間の温度は何度だったんだろう?小一時間外で色々していたら滝のような汗!!頭から汗が噴出してくるような感じで背中までグッショリ。その後に冷房の効いた屋内で体を冷やし、くしゃみ連発。。。風邪引くなぁ。

明日は陶芸教室。先週の続きで醤油注しを、初めての蓋物なので上手くいくかどうか?さてさて、でも楽しみ!!

20050802.jpg
写真:亀の置物?(はし置き)
・粘土:焼き物。。。?
・釉薬:唐津
・作成方法:てびねり?どろあそび。
4体目。。本焼き後に尻尾を折ってしまった。。叶さんから(だったかな?)木工用ボンドで着くよ~と教えてもらって接着。手術は無事終了(笑)

プロフィール

睦(mutsu)

Author:睦(mutsu)
手作り器が好きな趣味人
優しい土の手触りに癒され
ゆっくり・ゆっくり・・・

お知らせ
mixiで、『名古屋近郊~手づくり市~』という、コミュをやっています。
手づくり市・クラフトが好きな方の参加をお待ちしております♪
最新記事
コメント
データ取得中...
カテゴリ
あの頃・・
ブログ内検索
お友達
QRコード
QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。