スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸へ

2005/09/29 Thu

打ち合わせのため江戸へ。
江戸行きは朝が早い....新幹線で寝よう!
新幹線で席に、、なぜか人がいる?しかも2座席分を占拠「おっさん、そこ私の席。」
文句に気が付いたのか、通路側を空けた。が僕は窓側。。「席違いませんか?」で、やっと席を空けてくれた。
しかし、となりでひたすらキーボードを叩かれ、肘が当たる。。全然寝れないじゃん。。。
新幹線で仕事をするときもあるけど、周りに気をつけよう~と。。

江戸では、いつものとおり長丁場の打ち合わせになってしまった。。
スポンサーサイト

ボーリング

2005/09/28 Wed

今日は、社員同士の親睦を深めるボーリング大会。
久しぶりのボーリングとあって、全然上手くいかない。。。。。
1ゲーム終わって、、、、66?げげ!今までの最低スコアかも(ちょっと記憶に無い)、2ゲーム目は、なんとか普通のスコア程度に、でも平均で100に届かず、駄目駄目じゃぁ~。まっ!受けたからいいか? ってそう言う問題か?

陶芸教室

2005/09/27 Tue

作りためしてたコップの素焼きが全部終わっていた....けど、香炉の仕上げにどれだけ時間が掛かるか読めないので、まずは香炉に取り掛かり~。皿の仕上げは、底を切った時に出たバリを軽く落として完成!
胴は引っ繰り返して、茶葉を載せる皿部を作成。まぁまぁかなぁ。
後は、ポンスでひたすら穴を空けて、穴空け時に出たバリを落とす事の繰り返し。穴は大中小と色々空けて見た。ロウソクの明かりが揺らめきながら色々な方向に漏れてくれたらいいなぁ。

コップは、すべて鉄絵と透明釉薬。鉄絵は縮こまらないようにザックリと描いてみた。。下手くそ~~~。

先生経由で「路」さんから、お酒を戴きました。。有り難うございます~。

前に挽いたコップの本焼きが終わって出来上がって来ていた。
焼き物と磁器土を合わせたコップは不思議な模様に仕上がった。。良い感じだけど、ロクロで上手く挽けないので、次にやるのはもっと上達してからだなぁ。
焼き物粘土に唐津を掛けたものも、何か不思議な発色になった。これはこれで面白いなぁ...次に同じように作っても、こんな発色にはならないだろうな。

秋刀魚

2005/09/25 Sun

なんとなーく、魚が食べたくなったので時間の都合もあり近所のスーパーに買出しに。
目当ては、秋刀魚と烏賊。無事に両方そろいました。

秋刀魚は、刺身と骨せんべいに。。。今の時期しか食べられないもんね。
# でも血が回っててちょっとハズレ、かも?
烏賊は、刺身と塩辛にしました。塩辛は明日以降かなぁ。

旬の魚が食べられたので満足。

続きを読む

六古窯名品展

2005/09/24 Sat

瀬戸市美術館で開催されている「六古窯名品展」に行って来ましたぁ。
思っていたよりも人は少ない?けど、その分落ち着いてみる事が出来ました。

古い焼き物って、素朴さ・力強さがとても良いですね。
特に古備前の焼き物が素朴な中にも、土と炎が生きている。。って感じですごいなぁ~と。。。そういえば、これらの焼き方って既に失われた技術だそうで(前に読んだ吉田氏の本に書いてあった)、同じ(ような)物も出来ないそうです。。。そう思ってみると、さらに。。。先人方の偉業ですね。

同時開催で、「瀬戸の現代陶芸」が開催されてました。
何気な~くみていくと、やっぱり綺麗&ちから強い陶磁器がたくさん。。(僕は)作家さんとか名前全然知らないので、誕生年と作品を見て、、若い人はオブジェ風の物が多いのかなぁ、年配の方は器が多い。。ってそんな事を考えながら、一つ一つ見て歩き。
ふと、何と言えばいいのかわからないけれど、ガツンと殴られたような、でも心に染み入ってくるような、器が....。作品名は、「志野 茶碗」。
白い釉薬の奥に、炎がまだあるように赤が噴き出してくる。それなのに、とても落ち着いた感じもして、しばらく見入っていました。
作家さんは「加藤唐九郎」.....って、作家さんの名前を知らない僕ですが流石に知ってます。

同一入場券で両方見れたのでとっても、得した気分。

コースター

2005/09/23 Fri

久しぶりに大型自動車を運転!
今回は、初体験のコースター。傍で見ているよりボディが長い!!それに、平針試験場で乗っていたトラックと比べると足回りが柔らかくて、前後左右にピッチ・ロールが顕著に出てしまう。やっぱり修行が必要だなぁ~と、再度実感(^^;A
でも、エンジンは良く回るし。スピードも乗せやすい。。。この車貸してくれないかなぁ~。

で、肝心の結果は.....何とか滑り込みで、セーフ。無事に社内資格が取得できました。良かった~。
指導事項は、やっぱり「もっとスムーズに!」 「安全確認を確実に!!」 「目線が近いので挙動が顕著に出る。もっと目線を遠くに!!!」 と一杯。
普段の運転でも心がけよう~。

陶芸教室

2005/09/21 Wed

今日は、陶芸....でも、作るものが決まらない。
仕事は早めに切り上げて、ぶらぶらしながら考えたけど、全然決まらず。。

陶芸教室について、まずは先週挽いたコップの仕上げ。
なるべく厚さが均一になるように、かなり削り込んだので軽くなったけど、ロクロ味がなくなってしまったかも?

さて、何にしよう?
コップの馴れを活かして、香炉を作ることにした。
先生と相談しながら作成方法を検討。
|  |
 ̄ ̄ な感じで大き目のコップを作った後に
(  )
 ̄ ̄ な感じになるように、真中を膨らませてみました。
自分で予想していた以上に上手くいって大満足。
来週に仕上げだけど、天地をひっくり返して、底を茶葉受け皿になるように削る予定。
さらに、下受け皿もロクロで作成。ロクロで初めてお皿を挽きました。団子を中心にセットした後、手で叩いてホットケーキ状に、、その後ロクロで丸く薄く、、ロクロ目を残して完成!こっちも綺麗に出来たと自画自賛。

「塚」さん「山」さんから、「ハンコのお礼に。」と洋菓子を頂きました。有難うございます~ m(__)m

20050921.jpg
写真:(陶芸)ぐいのみ
・粘土:焼き物粘土 150g
・釉薬:化粧土+透明(めちゃめちゃ薄く)
・作成方法:ロクロ

困った....

2005/09/20 Tue

明日は陶芸教室.....。なんだけど、先週の挽いたコップの仕上げは良いとしても、さて、その後に何を作ろう.....。
一応作りたいものは
・マグカップ
・どんぶり
・茶碗
・ぐいのみ
・プレゼント用の何か
なんだけどねぇ。全然形が思い浮かばない。。。。困ったなぁ。

皆さん、どうやって作るもののアイデアを出しているんだろう?
雑誌でも見ながら考えよう~。

20050920.jpg
写真:(陶芸)ぐいのみ
・粘土:焼き物粘土 150g
・釉薬:化粧土+透明(めちゃめちゃ薄く)
・作成方法:ロクロ

ギャラリー更新

2005/09/18 Sun

いつもお世話になっている、教室のギャラリーが更新されてました。
今回も掲載していただけて感謝!!
秋が近いからかなぁ、落ち着いた雰囲気の器が多いですね。
# そういったのが選ばれたのかな?

そうそう、ギャラリーにも書いてありますが、先生方が11月23日~27日に「ぽほ」にて陶芸展をされるそうです。楽しみ楽しみ。
# 「ぽほ」って何処だろう....? 近くなったら聞いてみよ~。

20050918.jpg
写真:(陶芸)ぐいのみ
・粘土:焼き物粘土 150g
・釉薬:化粧土+透明(めちゃめちゃ薄く)
・作成方法:ロクロ
プレゼント用の"ぐいのみ"を数作りした後、なんとなーく、全然違う感じの"ぐいのみ"を作りたくなって、作成した。。ロクロ目をわざとつけたり、化粧土を塗ってみたりとか、結構いい感じに。。
欲を言えば、もっと化粧を豪快にした方が良かったなぁ。。

虹色の器

2005/09/17 Sat

朝、新聞を見ていたら虹色の器が掲載されていた。見る角度で色が変わるんだそうで、面白そう。美濃焼きの新たなブランドになりそうですね。
釉薬にタングステンを混ぜたって書いてあったけど、タングステンって耐熱温度が高いんじゃなかったかなぁ、すると超高温で焼くのだろうか?特許申請中だそうなので、1.5年ぐらい後に特許をみればわかるかな?

20050917.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
先月のギャラリーで、高原の涼しさが伝わってきそうな作品と書いた。とても、素敵な作品を作成される方のハンコを作らせていただけることに。うまく出来たかなぁ、ちょっと自信なし。
この方もお会いする機会は無さそうなので先生にお願いしました。

ラッピング

2005/09/16 Fri

知人へのプレゼント。会社帰りにラッピングを探索~。
なんとか良さそうな紙の箱と籐の器が見つかった。。。ふぅ。

紙の器には、このへんで書いた"ぐい飲み"をいれて、ついでなので、ご自宅にお邪魔しちゃいました。

ちょうど、今日が記念日だったらしい「明後日だと、勘違いしてました。。。」(^^;A
間に合ってよかった~。

籐の器には、写真の"醤油注し"を入れてプレゼント予定。
初めての蓋物なので、出来&使い勝手は???
気に入ってもらえるかなぁ

20050916.jpg
写真:(陶芸)醤油注し
・粘土:磁器粘土 あれ?何グラムだったっけ
・釉薬:鉄絵+透明
・作成方法:ロクロ

検索サイト

2005/09/15 Thu

ふと思い立って、googleにて、あるキーワードで検索してみたら、この日記がヒットした。。。ってことは、googleとかの検索サイトクロールが来ているってことか。ふ~ん。

ここを起点に陶芸や篆刻をはじめる人が一人でもいたらいいなぁ。

そうそう、陶芸写真ギャラリーの準備をはじめようと思って、場所だけは借りたけど、設置作業が進んでないなぁ、、、、、、日記を書いてないで作業しろよ...(^^;

陶芸教室

2005/09/14 Wed

今日の陶芸教室~♪

先週仕上げしたものは、素焼きが終わっていました。(やっぱりこの時期は早いんだぁ)。でも、作成中の他のコップと一緒にやりたいので今回はパス!
先週挽いたコップを3個仕上げ、まだ粘り気が強く残っていて削りカスがカンナに付いてしまう、、カンナを手で拭きつつ何とか仕上げ、、さて次に何しようかなぁ?
余り粘土と、カンナ屑を混ぜて再生さてながら考え中~。
少し形を変えて、中に容量を持たせることにしてみました。
同じような高さに引いた後、上半分をさらに広げて~~、、何とか形になったかなぁ?それと、先週までに引いたのと同じ形をもう一つ。
引き上げるのや口元つくりになれたのか、だいぶ綺麗になってきた。。先生からも「しっかりした形になってきた、特に口元に力強さが出てきて良いですね~。」とお褒めの言葉を頂きました~~。
# やっぱり、成長して誉められると嬉しいです~(o^_^o)

来週は何を作ろうかなぁ~。

陶芸終わって、皆でなぜか料理の話に、、僕も少しはしますけど、へたっぴですよ~。(とても食べられたもんじゃないかも)
やっぱり、女性の方にとっては興味のある話題なのかなぁ~。
# 色々と勉強になりました.....やば。

先生経由で「松」さんから、ハンコのお礼状と珈琲を頂いちゃいました。
とっても美味しそうな珈琲で、飲むのが楽しみです~。有難うございます。m(__)m
それと、「は」さん、「長」さん、「ヒロジ」さんから洋菓子を頂きました。明日のお茶受けに~。有難うございます~m(__)m。

20050914.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
やっぱりひらがなの2文字は難しいですね~。気に入ってもらえると良いですけど。。。
この方もお会いする機会は無さそうなので先生にお願いしました。

ひさしぶり~。

2005/09/12 Mon

今日は、久しぶりに同僚の陶芸仲間とメール....陶芸再開だそうで、良かったね~。
それと、もう一人から、篆刻依頼が舞い込みました。彼氏用だそうなので、なるべくおそろいになるような感じで作ってみようかな。

20050912.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
バランス良くほれたかなぁ..って、自己満足。
この方もお会いする機会は無さそうなので先生にお願いしました。

続きを読む

篆刻材料買出し~

2005/09/10 Sat

所要で名古屋に出かけたので、色々と買出し~。
篆刻材料は、いつものをあるだけ買おう.....って数が無い(;o;)。しかもはずれっぽいのが多いので避けると、十数本しか買えませんでした~、また次の機会に。
その他、紙用にと思って凍石系を幾つか、彫り易さとかわからないけど見た感じがかっこよかったので。。。
それと、印泥と、上級用?お勧めらしい超硬篆刻刀を(腕が伴わない気が....)まぁカッコだけです~。

20050910.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
陶芸教室に、上級編の陶芸教室があるらしい。(どんなところだろう~?興味津々!もっと上手くなったら聞いてみよう)そこの教室の生徒さんだそうです。画数が多いので結構難しくて、一本目は失敗。。これは2本目です~。試し押ししたら上手く押せたので良かった~。気に入ってもらえるかなぁ?

第74回せともの祭

2005/09/08 Thu

昨日の陶芸教室で話題になっていた、瀬戸の焼き物のお祭り。
調べてみると今週末ですねぇ~。
焼き物に興味が無かった頃、って言うよりず~っと前に、知らずに車で迷い込み、えらい渋滞に巻き込まれた記憶が、、、すごい賑わいでした。
今回も、大勢の人が集まるんだろうなぁ~。

20050908.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
思った以上に難しくて、文字のバランスが.....駄目かなぁと思いつつ、粘土に押してみたら良い感じだったので、完成!
この方も、たぶんお会いすることは無いので、先生にお願いしました。

陶芸教室

2005/09/07 Wed

台風一過で、無事に陶芸教室がありました。
先生は、出張陶芸の準備を朝からしていたのに中止になった...。って、あの暴風の中、すごい気合です~。

先週作ったコップの仕上げ、やっぱり一つは気に入らないので半分に切っちゃいました~!で、しげしげと観察。根元から口元にかけてどんどん薄くなってる~(^^;A
しかも、口元を作るために広げた根元はボロボロ.....。駄目じゃん。
仕上げ品は、同じような形になっているようなので、根元の方はかなり削り込みました。軽くなるといいなぁ~。

それと先週に仕上げたコップは唐津を掛けました。少しムラが出来たけど、そのまま上手い具合に発色してくれるといいなぁ。

最後に再生粘土と新品の粘土で、さらにコップ作り、都合4個挽きました。さっき見たコップの断面を思い浮かべながら、なるべく均等になるように.....。
何か厚くぼってりとしてしまったのがあったので、最後に半分に切ってみました。先週の作品と比べると、違いはハッキリ!ちゃんと意識した分、かなり均等に近づきました。。よかったぁ~。

20050907.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
この方も、たぶんお会いすることは無いので、先生にお願いしました。

明日は陶芸?あるかなぁ....

2005/09/06 Tue

台風は九州に上陸してしまったようだ。かなり大きな被害が出ているようで、、、お見舞い申し上げます。
この地方は、明日の午前中に最接近で、大雨、暴風の注意が必要とのこと。

明日は、陶芸教室の予定だったんだけど、あるかなぁ?ちょっと微妙ですねぇ~。
もしあれば、この所の作業&練習の続きでコップを作ろうと思います。
その他
・ぐいのみ
・香炉かなぁ?結婚祝いに何か
・マグカップ
・鉢or茶碗orどんぶり
ってところだけど、、コップが結構いい練習になりそうなので。しばらく続けるかも

20050906.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
先生経由で依頼いただいたもの、結構綺麗に出来たのでとてもお気に入り~。
たぶん、お会いすることは無いので、明日行けたら先生にお願いする予定。

台風

2005/09/05 Mon


どうも、また台風が来ているらしい。
今回は、九州方面に上陸しそう。。。被害が無いことを祈ります~。

この地方は、明日の夜or明後日かなぁ、予定していた新人君の歓迎会は、(電車が止まると困るので)延期になりました。まだ店決めてなかったらしいので幸いかも、、どっか上手い肴を食べさせてくれるところがないかなぁ。

明後日と言えば、陶芸教室の予定、海に近い所だからちょっと心配。

今日は、特に何もなし~、新人くんに業務やチームの説明なんぞしてみました。少しは理解してもらえたかなぁ。

明日もこの天気だと実験は無理なので、仕方が無い、仕様書にでも手を入れようかなぁ。。。

20050905.jpg
写真:(陶芸)マグカップ
・粘土:やきもの粘土 胴が400g(だったかなぁ?)
・釉薬:化粧土+透明をメチャクチャ薄がけ
・作成方法:ロクロ
やきもの粘土+化粧土の初めての作品。思ったような感じにはならなかったけど、温かみのあるマグカップになりました。たま~に、家で使ってます。また幾つか作って気に入ったのは会社に持っていくかも。。。
このマグカップ、径より高さが低くなってしまいました、本当は高くしたかったのにまだまだロクロが上手く挽けません。

メモメモ(陶芸)

2005/09/04 Sun

新聞で見つけてメモを、瀬戸市美術館で「六古窯名品展」が開催(9/3~9/25)されているそうだ。。。瀬戸かぁ、ちょっと遠いなぁ、、(って、他の地域の人からすればかなり贅沢だけど)同じ選挙区とはいえ1時間半はかかります~、でも古くからの名品って見れる機会は、滅多に無いだろうから、どっかで時間を作っていきたいなぁ。

20050904.jpg
写真:(陶芸)ぐいのみ
・粘土:基本粘土 120g
・釉薬:唐津
・作成方法:ロクロ
唐津を刷毛塗り、、、でも~むらむら&塗れていない所あるし、塗ったところは厚すぎてたれてる....う~ん、唐津好きなのに、上手くいかないときは、駄目だなぁ。
これで、数つくりした"ぐいのみ"は、全部です。
でも、手元には残らなくなってしまったので、また、こんな感じのを作ろう~。

ラッピング

2005/09/03 Sat

プレゼント用の"ぐいのみ"...一応、知人の結婚5周年記念と言う意味を込めて!なので、新聞紙で包んで...って訳にもいかないなぁ~。
# 残りの4個は、別の知人に**祝い。
と、ラッピング素材を探しに...木箱ってほどの出来じゃないし。。良いのが見つからない....ってか、センス無いので選べません。どないしよ。
また、今度~(^^;A

読書感想文
やきものをつくる ギョ!紙窯 吉田明氏
双葉社 \1700 ISBN4-575-29358-X
ミニ窯を焼く手段として思いついた紙窯が、本格的な窯になってました。
紙で登り窯まで作ってしまうとは、、、。
これは、窯を築くのにも、焼くのにも本格的に時間が掛かるので、そう言う場所が無いと、、窯場の近くとか理解を得られるところがあると楽しそうです。
読む限り、これで焼けないものはなさそう~と言うぐらいの大きなものまでありました。
酸化でも還元でも出来る見たい。。
実際にやっている写真を見ると”すげ~”、この根性に感服です~。

20050903.jpg
写真:ぐいのみ
・粘土:基本粘土 120g
・釉薬:鉄+青白磁
・作成方法:ロクロ
唐津より青白磁の方が、鉄の発色はいいなぁ。。青白磁は流れにくいようなので、自然に流れた感じにするなら、唐津の方が良さそう。
透明と唐津の中間ぐらいの味でしょうか?

プロフィール

睦(mutsu)

Author:睦(mutsu)
手作り器が好きな趣味人
優しい土の手触りに癒され
ゆっくり・ゆっくり・・・

お知らせ
mixiで、『名古屋近郊~手づくり市~』という、コミュをやっています。
手づくり市・クラフトが好きな方の参加をお待ちしております♪
最新記事
コメント
データ取得中...
カテゴリ
あの頃・・
ブログ内検索
お友達
QRコード
QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。