スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換

2006/04/29 Sat

先週、タイヤに何か?が刺さってパンクしていた、、既に丸坊主だったので、ついでに4本とも交換しよう~。
同僚とかに聞いてみると、タイヤ交換だけなら赤池、タイヤとホイールセットなら、会社近くのタイヤ屋がよさそう。
ホイール変えても知れているけど、まぁ、別にいいや~とタイヤのみ交換。
黄色い帽子より2割ほど安く&少し良いタイヤになった。
路面はドライだから性能の違いは全然わからないけどタイヤを変えたら、少し静かになった。(テンパータイヤはうるさいですね)
# 雨のときの性能はどうだろう?前の丸坊主より悪いわけないか、、、、。

やきもの修行事始め
株式会社双葉社
陶楽 陶芸教室
ISBN4-575-29147-1
1700-
土練りから、形作り、焼き、釉薬、絵つけまで、陶芸の最初に知っておくとよさそうな事が盛りだくさんで書いてあって、入門の時には良いですね。
電気窯を買ったら、手元に置いておくと何かと重宝するかも。
# えっ、電気窯欲しいけど、買えないなぁ。
スポンサーサイト

なんとか

2006/04/28 Fri

やっぱ駄目でしたねぇ。最悪の場合を想定した回避策でごまかしましょう。
お疲れさま、後は連休後になんとかしましょう。

やっぱり~

2006/04/26 Wed

一応、動き出したらしい。。。との連絡有り。。。?

う~ん、問題2つ。

ひとつは、なんとなく、単なる設定不足のようだ。
こっちは、設定を直してもらう。

問題は、もうひとつの方、仕様を見たときに、不安を覚えて確認してもらったんだが、やっぱり~、予想した通りの動きになってしまったようだ。
K君が頑張っているけど、仕様から考えるとそうなるよなぁ。。。

と言う事で、僕は別の回避策を検討。
ごちゃごちゃ。。。。
う~ん、まぁ、最悪はこれで回避しよう。

陶芸教室

2006/04/25 Tue

久しぶりに火曜陶芸へ。

水曜では、あまり会わない方々とともに作業開始。

先週行方不明になっていた、箸置2点を捜し出してくれていた。(感謝)
先週と同じように鉄と銅を塗った後、今度は透明釉にしてみました。
さてさて、どんな焼き上がりになるのか、とても楽しみ(実験君です~)

コップの釉掛けは、いつもの唐津、全体に薄く掛けた後、外を筆で再度濃いめに掛けて、、、斑が綺麗な模様になるといいなあ。。。。

余っていた、やきもの粘土で、サラダボール?のようなものを作ろうとロクロヘ。
上から見ると、いい感じ~♪なんだけど、横から見るともう少し広げた方が良かったなぁ、、、、この兼ね合いと言うか、頭の中にある(心の中かも)イメージを器に写せない、難しい。

来週は、月末&作品展なので教室はお休みです。
作品展見に行けるかなぁ。。。。。。

そうそう、
「千」さんから紅茶を頂きました。有難うございます。

連休~出張

2006/04/24 Mon

連休の出勤許可が下りなかった。。。。。
で、当然、業務日程が変わってしまって、来月予定の出張もキャンセル。

って、ほんと、今から全日程変更ですか?。。。。
影響甚大!でも、土遊び出来る時間が出来た~♪
早速、予約です。

う~ん、イマイチ。

2006/04/22 Sat

先週失敗したので、今回はちゃんと魚屋へ。
# この辺も魚屋は残っていないので、、開いている土曜の午前中ぐらいしかいけない。

念願のカツオと真横にあったメジ(まぐろの幼魚)を購入。
早速、刺身に、、、、。

カツオは、いまひとつでした。。。。(残念)
メジは、旨かったけど、血あいを残しすぎ少し鉄の味がした。。。
# 鉄分補給ということで、そのまま食べちゃいました。

また、買いにいこ~。


器つれづれ
白洲正子
世界文化社
ISBN4-418-99518-8
2400
著者の目で見たやきものの世界を紹介されていて、とても、うつくしい器が沢山。
それに、見方というか、感じかたが凄いなぁ~。

えっ~。。。。

2006/04/21 Fri

えっ~~~~~~~~!

まじですか?反論できず。
来週に調整します。
# このままなら、連休はなくなるなぁ。。。

陶芸教室

2006/04/19 Wed

今日は、陶芸教室。

先週乾かなかった釉薬、、、どうも、厚く塗りすぎていたようで、バリバリにひび割れしていた。。。。(はじめて)

手で擦り、それでもダメな所は、(先生が用意してくれた)釉薬とノリ?を混ぜたスペシヤル釉薬で補修。さてどんな焼き上がりになるでしょう?

その後、フリーカップの仕上げ、化粧土掛け。だいぶ慣れた気がする。
ちょっとは、使いやすいカップになったかなぁ?
次は何を作ろう?

それから、先週行方不明だった箸置。。。。さて何処にいったのだろう?
細かいので色々な所に紛れているようだ、5個見付かったので、弁柄と買ってきていた酸化銅をぬり、唐津をうすがけ。。。さて、上手く焼けるだろうか?
特に酸化銅は、まったくはじめてなので、心配。
(窯に影響はないから大丈夫と心強い言葉をいただいたので試しなのです)
どんな発色をするかも、皆目、検討つかず。
(でも、そのドキドキが楽しいかも?)

作成終わって、お茶の時間に色々やきもの談義。
色んなやきものを見たい病にかかっているので、各地のやきものの話を聞くのはとても楽しい、いいなぁ。

こんなに愉しい日本のやきもの
全国窯場ガイド
講談社
ISBN4-06-198127-7
1700
日本全国にある、窯場が紹介されており、行ってみたいなぁ~。
特に、伊賀と備前、信楽などの、やきしめをしている所で、やきしめ陶器をじっくり見てみたい気がします。

しっぱい。。。

2006/04/16 Sun

なんとな~く、魚を食べたくなって、(魚屋の入っているスーパーへ)買いもの。

なんかあるだろう.....(本命はカツオだけど)。。。
な~んにも無い!!!

仕方がないので、冷凍カツオのたたきと、マグロのあらを。
マグロは、薄切りにして冷しゃぶにしました、、かいものは失敗だったけど、おいしかった。ごち!

来週は、ちゃんと魚屋にいこ~。

やきもの観賞入門
出川直樹
新潮社
ISBN4-10-602053-x
1545
日本のやきものを中心に、アジア各国のやきものの見方を紹介されていました。
とても難しい。。。。
古陶磁のきれいなやきものは、やっぱり凄いなぁ~ってのだけ。。。

木村定三コレクション

2006/04/15 Sat

愛知県陶磁資料館に、行ってきました。
目当ては、「木村定三コレクションの茶陶」なんですが、これ凄いですねぇ。
個人のコレクションだったんですよね。。。とても、趣のある芸術作品ばかり沢山展示されていました。

この資料館、はじめて行ったんですが、そのほかにもテーマ展示や常設展と、ほんと頭がパニックになるぐらいの沢山のやきものが~。右脳?左脳?に、ものすごく刺激を受けて帰ってきました。(知恵熱がでてるかも?)
絶対、おすすめです!!

残念だったのが、昼から出かけてしまったので、あまりゆっくりできなかったのと、雨だったので、敷地内を散策できなかったこと(とてもよい感じの山でした)。
次に行くときには、天気の良い時にのんびりしたいなぁ~。

吹雪

2006/04/13 Thu

今日は吹雪の中、ドライブ仕事!

えっ?暖かい?そうそう、桜並木が点在する中をドライブ仕事だったので、桜吹雪でした。いやぁ、綺麗です~。

思わず、手羽先とビールに手が、、、。(危うい所でストップ)

そんな環境のなかにいたせいか、夕方から、クシャミと鼻水、目のかゆみ。。。
あちゃぁ、昨日、一昨日としばらくは、収まっていたのに、また花粉症の症状が、、。

早く終わってくれないかなぁ。

陶芸教室

2006/04/12 Wed

溜っていた素焼済みの小鉢に釉薬を掛ける。

ひとつは、昨年つくって愛用?しているルリ小鉢の代替品なので、普通にルリを掛けて乾燥したら擦って、、、ってなかなか乾かないなぁ。。。最後まで置いておいたけど、湿度が高いのか?来週に持ち越ししました。

もうひとつは、鉄+瀬戸黒+唐津、、、って何がなんだかわからないけど?なんとなく、そんなのを作りたくなった(単なる思い付きです)ので、、はたしてまともに焼けるのでしょうか?上手くできたらプレゼント予定ですが、はてさて。

少し時間が余ったので、ロクロでコップをふたつ、また歪ませました、次の時に気に入ったら仕上げて化粧を掛ける予定。釉薬は何が良いかなぁ?

先月入門の「示羊」さんのハンコが出来たのでプレゼント。上手く使えたようです~。
よかった、よかった。

それと、今日入門?の方にも、声を掛けてハンコが要るようなら先生経由で連絡を~とお願いしました。
また来月に長期出張なので、作る物を作っておこう~。

英語

2006/04/11 Tue

今年度、初めての英語教室。
と言うことで、昨年度の振り返り。。。あかん、忘れている。。。。。
ちゃんと、継続してなきゃなぁ。

どうせ、文法とかはダメなんだから、せめてリスニングは続けよう。
# 車の中では聞いているはずだけど、最近はBGMになってきてしまった。

毎日1時間を捻出できれば、、。

黄砂

2006/04/08 Sat

いや~、すごい黄砂ですねぇ。
普段なら、鈴鹿の山やら見えるんですが、それどころか町中が霞んでました。
この黄砂、中国からだよねぇ、風の力はすごいもんだ。

今日は、半田市立博物館へ、知多工芸展を拝見しに行ってきました。
灰釉の大皿とか、茶碗や鉢など、とても綺麗な陶芸作品が並んでいて、人が少なかったのもありますが、ゆっくり見ることが出来ました。
人間国宝、故山田常山氏の急須もあり、よかったです。

健康診断

2006/04/07 Fri

今日は、会社で健康診断がありました。

特に気になる所はないので、問診では目が疲れるだけいれ、いざ受診。

いろいろ検査、しばらく前から血&心電図もとられる年になってしまい。時間がかかる。
まあ、詳細結果は、しばらく後にならないとわからないけれど、
昨年比
血圧:すこし上がった。。。(130後半)
体重:2キロへった。(でも、だいぶん戻った良かった。)
視力:すこし落ちた。。。裸眼はべらぼうに落ちた。。。(やばい)
その他は、特に変わらず。
ここ最近、また視力の落ち込みがあるなぁ(去年も落ちた)、気を付けます、はい。
# 一応、会社に入ったときは、裸眼で1.5以上あったのに、いまでは、、、、、。
パソコンも程々にしないとね。

読書感想文

はじめて描く花の絵手紙
廣済堂出版
花城裕子
ISBN4-331-51110-3
1,500-

暮らしの中の絵手紙を楽しむ
主婦と生活社
半田喜巳子
ISBN4-391-12019-4
1,400-

絵皿の参考に!とおもって借りてきました。とても味のある絵が多く、絵手紙の世界もいいなぁ~って、素直に思いました。
はじめると、楽しいだろうなぁ。そんな感じ。
参考になる絵は?沢山あったんですが、やっぱり描けそうにありません。。。

江戸、、、一二三。

2006/04/06 Thu

今日は、江戸へ出張。
本当は、昨日だったんですが、諸諸の事情により変更(ありがたや)。

打ち合わせ時刻より一時間早くつくようにして、吉祥寺の「一二三」へ。
そば、とラーメンの中間のようなラーメンを出してくれる(らしい)お店です。
醤油のやさしくて美味しいラーメンは無いかなぁ。と思っていたので、すごく期待!

駅から結構ある上に、とても目立たないお店でした。(真ん前まで行っても気がつかなかった。)
店主サンが、注文をひとつづつ丁寧に作っていて、時間の流れかたがラーメン屋と全然ちがいました。結構びっくり。
出てきたラーメンを一口。「うんっ? 期待はずれか?」後から入れている?油とスープが馴染んでいないのか、少し気になる。と、でもつられるように二口三口。「おいしい!」その後は一気に食べて、スープも全部飲んでしまいました。
とても、優しい、美味しいラーメンでした。
器も、とても綺麗な(ちゃんとした)焼き物で、思わず目の前で観賞していると、「ひふみと書いてあるのがわかりますか?」と店主さん。「えっ!」と見直すと確かに下塗?を削って書いてありました。「この器、知合いの陶芸家が作ってくれたんですよ、笠間でやっているんですけど、器が好きですか?」と、その後は、やきもののお話を聞かせていただきました。なんとなく店主さんの人柄がわかるような、そんなお店でした。
たまに行く、とてもお気に入りのラーメン屋「玉響」と同じようなそんな感じです。
# 玉響は、塩かな。とてもやさしい、美味しいラーメンですよ。

陶芸教室

2006/04/05 Wed

今日の陶芸教室も、ロクロ、ロクロ、、、。と思っていたのですが、挽いた器が七個溜っていた!「そうだなぁ、仕上げして置かなきゃ。」と仕上げへ。

去年作った小鉢は高台周りがボロボロ(形もボロですが)なので、少しはましになるよう祈りつつ削っていたら、思いのほか時間がかかり、もうロクロする時間はないなぁ。

削り屑と、余り粘土を混ぜながら、箸置風の物を作ろうかなぁとタタラ板へ。
タタラをくりぬき、適当に曲げた後、化粧土を塗ってみました。

次の教室までに素焼きが終わっていたら釉薬塗にします。
ロクロは、その後にまた集中してやろう。

終了時間に、石のハンコを渡し、押した印影をみてもらいました。
使ってもらえそうで、よかったよかった。

読書感想文
はじめて作る染付の器
阿部出版株式会社
ISBN4-87242-149-3
2,381-

呉須と弁柄を使った綺麗な器が沢山。
でも、残念ながら殆どが磁器土なんですよねぇ、そりゃ染付けは、白が映えると思いますが、磁器土の物は、(今のところ)あまり作る気がしないので、発色は参考ですね。
技法を見てると、薄い呉須と濃い呉須を上手く使ったり、弁柄と呉須をうまくつかったりで、「なるほど、そうすると表情がでるんだぁ、」線一本でも、色々と細かな気遣いがあって、とても勉強になりました。

打ち合わせ?

2006/04/04 Tue

なんか、打ち合わせばっかり、、、これでは、作業が全然進みません。
からだが(あたまも?)足らないよ~。

読書感想文
やきものをつくるロクロを極める「基礎編」
陶磁郎BOOKS
吉武和美
ISBN4-575-28834-9
1,700-
さすが、極める!と書いてあるだけあって、ロクロの使い方、指の使い方、締めかたや、こて、くしなどを使った表情のだしかたなど、いっぱい!
こんな感じで、ロクロを使えるようになるといいなぁ。
さて、練習しよう!

石のハンコ

2006/04/01 Sat

久しぶりに、石のハンコ作り。
と言っても、良く作っている陶芸用ではなくて紙に押す普通のハンコです。

石を丁寧に耐水ペーパーで磨き平面をだした後、デザインを書き込み.....。

そうだ! 色々な本に出ていたコピー転写で、スケッチブックに書いていたデザインを写そう~、近くのコンビニでコピー、黄色の?マジックで転写???。ダメです、紙が浮いてしまって上手く写らず、、残念。結構難しいなぁ~。
と言う事で、いつも通り、鏡文字風に自分で書き込みました。

その後、ずっと前に洒落で買っていた上級者?(プロ用?)の超硬篆刻刀で切り出し開始、すごく切れる!石が違うからか?いつも使っている初心者用篆刻刀を取り出し、いつものように、、、いつも通りの滑り、全然違う。。もう戻れません。

値段は倍ぐらいだった気がするけど、こんなに違うとは!包丁やナイフも真っ当な物とそうでない物は全然違いますが、それ以上に違うかも。。。恐れ入りました。

読書感想文
ダレでもできる自主陶芸
陶磁郎BOOKS
双葉社
芳村俊一
ISBN4-575-28763-6
\1600-
いや~この本、面白かったです。とても綺麗な器たちが沢山掲載されているのですが、一般的に言うやきものの概念とはずいぶん違います。
日本で普通にある土を、その土にあった温度で焼く、釉薬も別にどんな物でも良い。
とにかく条件を変えて、焼いてみる、そのたびに違う表情を見せてくれるので、土と釉薬にあった焼きかたをすれば、全てちゃんと表情を出してくれる。
と言う感じです。。すごい。。。。
固定概念(陶器用粘土を12n0度で、それに合わせた釉薬を)しか知らない世界から、出てゆくとこんなに、面白い表情を出すやきものがあるのだ!って感じでした。
膨大な時間をかけて、土や周りにあるものをやきものに変える。そんな、贅沢な世界でした。。いつか時間(と場所)が許すようになったら、試してみたい。

プロフィール

睦(mutsu)

Author:睦(mutsu)
手作り器が好きな趣味人
優しい土の手触りに癒され
ゆっくり・ゆっくり・・・

お知らせ
mixiで、『名古屋近郊~手づくり市~』という、コミュをやっています。
手づくり市・クラフトが好きな方の参加をお待ちしております♪
最新記事
コメント
データ取得中...
カテゴリ
あの頃・・
ブログ内検索
お友達
QRコード
QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。