スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どたばた

2006/05/30 Tue

う~ん、どたばたです~。
思ったように行かないなぁ。
こんな時は、時間が飛んでゆく気がする、あせっても仕方が無いのですが、どうしてもあせっちゃいますね。(^^;A

明日で、それなりの区切りがつけば良いけどなぁ。。。

20060530.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
今の篆刻刀でかなを2文字、大きな刀でも結構彫れるもんですね。
スポンサーサイト

陶芸教室

2006/05/25 Thu

連続陶芸で、昨日の続き~。

会社を早く出たのもあって、めちゃくちゃ早めについてしまいました。。。ちょっと休憩してからにしよう~。

抹茶碗、、、、先生から「底が薄いですね」と、、、昨日作っていたときも、薄くし過ぎかも?と思ったんですが、やっぱり~、穴を開けてしまわないように、注意しよう~、、、高台、、、あれ、、、、?全然思ったようにいかない?
高台の中心がずれてしまった。。。む~残念。まぁいいかぁ、それも味かも?

次に湯飲みの仕上げ、、、、って、こっちの方は、さらにひどくずれて行く、ダメダメ、う~ん?なぜ?。。。。こういう時は、道具を変えてみよう~。
普段お借りしている、輪っか型のカンナを止めて、板状のカンナをお借りし、刃が駄目になっていたのでやすりで目を立てさせてもらう。
今度は、すこぶる快調~、このカンナ使い易いかも~と、次の購入?作成?アイテムにしよう~。
最初の1つは、潰して、3個を仕上げ。この3個どんな模様にしようかなぁ?

最後に、大皿を水引きしたく、先生に、ご相談。。目標は30cmなんですが、先生の普段の引きかたは、僕には難しい~ので、結局自己流でやることに。引きかたが違うので、必要な土の量もわからない。。。たぶん足らないよ~と言われつつ、1kgの粘土で練習。
目一杯頑張っても、25cm強ぐらいにしかならなかった。次回は、2kgぐらいで練習頑張りま~す。

20060525.jpg
写真(篆刻):紙用ハンコ
・材料:石の種類は不明?
・彫り:朱文
教室のチラシとか、紙袋なんかに押せるようなハンコを。
との、依頼をずいぶん前に頂いていました、デザインが思い浮かばないまましばらく放置、、、、ひらがなを並べたデザインを思いたち作成、一応出来たものの気に入って頂けるか?
4月にお渡しして、5月連休の作品展の案内状に使っていただけました。
有難うございます~。

陶芸教室

2006/05/24 Wed

今週は、二回陶芸!(久しぶり~)
と言うことで、さて何を作ろうか???

素焼きが終わっているかなぁ?と思ったけどまだでした。
# 天気悪いしねぇ
でも、本焼きの方が済んで、作品が出来上がっていましたぁ。
・箸置(兼、テストピース)x7
・小鉢(ルリ)x5
・小鉢(瀬戸黒)x5
・コップ(刷毛目)x2
箸置は、発色がぁ、、、、やっぱし銅は駄目なのか?今度は造形土で試してみよう。
ルリは、ほぼ狙い通り、今使っている奴を置き換えよう~。
瀬戸黒は、、、、狙いとは少し違った、鉄では駄目みたい、でも、上に点けた唐津の効果でいい感じ。
コップは、思っても見なかった物になりました。。でも当たり~♪。量産しようかな。

さて作る方。
練り込み粘土で、茶碗を作ってみることにしました。
今度は、たまつくり、抹茶碗っぽい感じにしよう~、上手くできたら先週作った皿とセットで「空」とか。。。期待しても駄目です、まだテストピースですから、でもいい感じになってくれないかなぁ(^^;

その後、造形粘土で湯飲みを水引き、目標は?4個を40分以内。
結果は、36分でした。目標はクリア!!
えっ?出来具合?この際、形はどうでも良い、、、ろくろの練習です~。

三島・粉引・刷毛目
株式会社双葉社
吉田明
ISBN4-575-28861-6
印花や化粧土の使い方や、水引きとコテの使い方などなど。
この作家先生、趣のある器を作る情熱というか、すごいなぁ。。。と感心してしまう。
参考にしながら、少しでも良い器が作れるようになるといいなぁ。

20060524.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠あり
同僚の「祥」さん用。
久しぶりの枠有りで、ちょっと緊張、画数が多いので、枠まではみだしちゃいました。画数多くて枠ありでも、上手く出来た、、と思います。

色々、読書とか

2006/05/21 Sun

たまには、ゆっくり読書でも、、、。
って、また陶芸の本なんですけどね。今回は字が多い!

陶磁器の修理うけおいます。
中央公論新社
甲斐美都里
ISBN4-12-003254-X
1,600-

陶磁器の修理と修復は別の物である。。。
全然知らんかった、いや、金つぎされたものは、見たことあります。修復も何かで見た気はします。でも、目的が違う(当然結果も違う)事なんてしらなかったです。
ちゃんとした修復は見ただけではわからない。(偽造に近いらしい)
でも、器としての用は、なさなくなる。
修理は、当然修理ですから、用をなさなくなるなんてことはない。
でも、見た目は変わる。

最初は、なんじゃ?????
と、頭の中で?がいっぱい、でも読み終える頃、とても面白く、そして、伝統技法の世界の奥深さをまた感じることが出来たなぁ。。と思いました。
とても、面白い本です。

是非どこかで、此の方の作品を見てみたい。。。。

20060521.jpg
写真(篆刻):陶芸用ハンコ
・材料:青田石の10mm角
・彫り:凸 □枠なし
ずいぶんと、長いこと写真を掲載してない事に気がついた。。。
# 2ヶ月掲載していないようだ、、、すぐ忘れるなぁ
陶芸教室の先生から、仕事場用に、もうひとつ作って!と依頼頂いたので作成。
前のと少し雰囲気が違う気がするけど、使っていただけるようなのでよかったぁぁ。

懸案作業終わり

2006/05/18 Thu

懸案だった、残り作業の二件。
両方とも原因は判明、さて対策だが、ひとつは、どうしようもない。
こりゃ、見栄えが悪くなるけど、回避策がなさそうなので、仕様を削る。

もうひとつ、僕の方。
回避策は、あるんだけど、、、直す時間がない、完全に直すには、大元の方まで直さなきゃならない。期限は明日と言う事で、違う回避策にする。
違和感があるようなら、さらにもうひとつ手を打てるようにして、ここまで。
あとは、現地で確認することにした。

無事に北海道にいけそうだぁ。


どこでもアトリエ何でも道具
株式会社双葉社
白石斉
ISBN4-575-28882-9
1,700-
みじかにある物、器や野菜、果物などで型をとったり、器具をつかったりなどなど、場所も選ばず、自由に気楽に陶芸を楽しむって感じでしたが、、う~ん。
今ひとつ実感が湧かなかった、、、主婦層をターゲットの本みたいでした。。。

陶芸教室

2006/05/17 Wed

今日は、雨降りのなか、陶芸教室へ。
最近天気が悪いですねぇ、、、梅雨?

先週に挽いた、ボールは二個とも仕上げることにしました。
厚みや重さを確かめてみると、、、、めちゃくちゃやん!厚いし重いし~。
と言うことで、盛大に削る!!!元の重さの半分になったかも?と言うぐらい削ってしまいました、、、こりゃ、ロクロで挽いたと言うよりも、粘土の塊から削り出した。と言うべきかも。。。
まぁ、そんなこともあるかなぁ。
と、さらに模様を削る、、、、今回は、青白磁を掛けようとおもうので、釉薬の濃さの違いで模様になるように、さらに削る。。。さて、この割れ易い基本粘土が持ちこたえるだろうか?

その後、素焼の終わったボールをチェック! 刷毛目も剥がれず無事だったので、釉薬をうす~く、薄~く、掛ける。どんな発色になるかなぁ~楽しみ。

最後、どうしよう?中途半端な時間だけど、練り込みの粘土を作ってみよう~。
造形ねんどを荒練りした後、買ってきた絵の具を水で溶いて混ぜる。他の作品に色が混ざらないよう、慎重に。。。無事に粘土は出来た。適当に千切って、元の造形粘土と合わせタタラ状に叩く叩く。。。空に浮かぶ雲をイメージしたお皿にしたかったんですが、粘土の千切り具合が大きすぎ、地球儀?の様な、陸地と海になってしまいました。
乾燥後、素焼~釉掛け~本焼きで、どんな感じに変化するのか、とても楽しみ~。
# うまく焼けるでしょうか?

そうそう、台や道具など、他の方の作品に間違って色がつかないようにと、色々とご配慮を頂きました。有難うございます。&お手数をお掛けします。。。m(__)m

う~気持ち悪い

2006/05/16 Tue

夕方まで作業していて、完全に酔いました。。。
二時間に一度の休憩では駄目です。
次からは、一時間以上の連続作業は禁止しよう。。。。

寝る間際になっても、まだ気持ち悪い、吐きそう。。。

ギャラリー更新

2006/05/15 Mon

いつも御世話になっている、陶芸教室のギャラリーが更新されました。
今回は、5月連休に行われた、作品展の作品が沢山掲載されています~。
# 作品へのリンクが、4・5・6月になっているので、次の更新は7月かなぁ?

どれも、これも、素敵な作品ばかりで目移りしてしまいますね。
# 僕の作品も、載せて頂けました。感謝!
残念ながら行けなかったので、実物は拝見できなかったのが、とても残念です。

また、来年に向けて作品つくりを頑張ろう~。

野焼き
株式会社双葉社
つくる陶磁郎
ISBN4-575-29050-5
1,700-
全国各地で行われている野焼きが紹介されていました。
縄文土器や弥生時代のやきものを目指した物や、窯に近い物など、趣のある器がたくさん掲載されていました。焼き締め陶に興味があるので、窯変や灰釉の色がいいなぁ~と。

雨の日の魚屋

2006/05/13 Sat

またまた、魚屋へ。

途中で少し道草。。。

少し遅くなって、ぎりぎり午前中のタイミング。
う~ん、魚は沢山あるけど???あまり良い物がない。雨だからかなぁ?
鮮度が今一つの気がするし、、刺身にするのは恐いなぁ~。

と言う事で、何も買わずに退散。

途中の道草、ライトウェイトな物を見物していました。
帰ってからネットでウロウロ、面白くてついつい眺めていたら、夕方まで遊んでしまいました。。。次にどこかで見掛けたら衝動買いしそう。。。駄目じゃん。

ひとつ終わり

2006/05/12 Fri

懸案の残り3つのうち、ひとつは片付いた。。。
でも、残り2つのうち、ひとつに不具合が発生する事が判明。N君に修正をお願いする。

修正方針を聞いた感じでは、、、、無理かも?
来週の前半にもうひとつを片付けて、それから再度、見ましょう。

# 北海道で、修正したくないなぁ。。。

陶芸教室

2006/05/10 Wed

連休前に、水引きしていた、ボールの仕上げ!

出来たかなぁ~と、置いた所で、先生から「高台部分の作りをもっと良くしましょう~」とアドバイスを頂いた、内容は、高台の角度と高台脇との繋げかた。鋳込みでは真似の出来ない形に仕上げる。。。なるほど、少し締まった感じに見える。

「本当は、上級向けの塾でやる話ですけどねぇ~」だそうなので、ラッキー!
どうも有難うございます。

刷毛目をつけて完成!釉は、何にしようかなぁ?

その後、もう少し膨らませた形の物を作ろう~と、今度は基本粘土で水引き。
一個目は、思った感じになったように思う。
二個め、、、なんか広げすぎた、、、失敗かも?
次の時に見て、どうするか考えよう~。

連休中には、ハンコをひとつしか作らなかったのですが、そのひとつを依頼してくださっていた「りえ」さんが丁度来ていたので渡し。
今回は、押せる作品が無かったそうなのですが、使っていただけそうで良かった。

英語教室

2006/05/09 Tue

月に一度の英語教室。

少し遅れて到着、、、、?
教室の雰囲気が全然違う~、、、と、今回からの新人サンが3人。講師曰く、「ちゃんと、やらなきゃ~」だそうで、いつものお気楽な雰囲気は何処へ?

内容も少し硬めの感じ、まぁ、来月には戻るでしょう~(笑)

連休あけ、動作確認

2006/05/08 Mon

どうも、昨日から体調が悪い。。。ふらふらするし、咳も。。。
本当は休みたいんだが、片付けておかないといけない事が幾つかある。適当に片付けて休みましょう~。

さて、連休前に色々していた件。

動作確認、、、。
概ねよさそう、一部設定を間違えていた所は、修正。

今週は、様子見ですね。

過去作品置場更新

2006/05/05 Fri

陶芸教室の過去ギャラリー作品を更新。
しばらく更新していなかったので、更新方法とかすっかり忘れてました。。。。
今まで、カテゴリーを器の種類でわけていたのですが、なんとなく、ギャラリーの掲載月でわけた方が良いかなぁ、と思い。器の種類でわけるのを止めました。
どっちが良いでしょうね~。

越前の陶芸家
株式会社 双葉社
陶磁郎編集部
ISBN4-575-29140-8
1700-
焼き締めやきものが数多く掲載されていたので、おもわず借りてきてしまいました。
作家さんの話や、越前やきの歴史など、とても興味深い話もあり、面白かったです。

2006/05/02 Tue

今日は、朝から魚屋へ。
すげー混んでる~、店の前も駐車場もいっぱい!!!
しばらく、うろうろしていたら、駐車場が空いた。ラッキー。

店内へ、なんか手頃で良い物ないかなぁ?
ケガニ(加熱)3バイで680円?、カレイ(刺身用)もおんなじ、う~ん。カレイの刺身食べたいなぁ~、、、でも刺身にするのが手間なんだよね、下手すると身がなくなちゃうし、と無難な手の平サイズの真鯵にすることに、で値段が一皿280円、、、ってめちゃめちゃな値段ですね(普通1~2匹でそれぐらい?、、、一皿に14匹入ってました)
後、牡蛎が大皿に盛ってあって、激安、いったい何粒はいってるの?まあいいや、と買って帰る。
# 食べきれないので冷凍です~。
しかし、なんか安売り日ですか?

アジを適当に下ろして刺身に。
そうそう、刺身は普通しょうゆですけど、青魚の場合は、もうひとつ特製たれがあると飽きなくて良いです。

特製タレ
キュウリをすりおろす+わさび(好みの量)、塩(少し)、ごま油(少し)、昆布茶(好みで)

滝口和男の手びねりの器
株式会社 双葉社
滝口和男
ISBN4-575-29099-8
1700-
手びねりらしい、とても趣のある器と、作り方。
そうかぁ、てびねりで、口縁や胴が割れてくるのは、土がそうなりたがっている。
ってのを考えたこと無かったなぁ、一生懸命、割れを直して、、、ロクロで作ったみないになってました。
割れても気にしない、それが味です。って言われるとそうかも?とおもって見る。
その方が表情があっていいかも。
# でも使いにくそうだよなぁ。。。。

プロフィール

睦(mutsu)

Author:睦(mutsu)
手作り器が好きな趣味人
優しい土の手触りに癒され
ゆっくり・ゆっくり・・・

お知らせ
mixiで、『名古屋近郊~手づくり市~』という、コミュをやっています。
手づくり市・クラフトが好きな方の参加をお待ちしております♪
最新記事
コメント
データ取得中...
カテゴリ
あの頃・・
ブログ内検索
お友達
QRコード
QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。